有村架純へのビンタに葛藤! 相手役の新人・岡田健史「叩いていいのか…」


10月9日にスタートする有村架純主演のTBS系火曜ドラマ『中学聖日記』(10月9日スタート、毎週火曜22:00~)の制作発表会見が6日、東京・赤坂の同局で行われ、有村、岡田健史、町田啓太、吉田羊、夏川結衣が出席した。

同ドラマは、女性向け漫画雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中のかわかみじゅんこ氏による同名漫画が原作。片田舎の中学校を舞台に、自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、赴任先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶に心惹かれていく女性教師・末永聖の“禁断の純愛”を、儚くも美しく描く。

主人公・末永聖を演じる有村は「非常に難しい作品。聖として晶に向かっていく気持ちをどう表現していいのか悩んでいます」と打ち明けつつ、「いろんな葛藤がこの作品を良くすると思っています」とコメント。初の教師役については「教師を演じるとは思っていなかったので不思議な気持ちです。緊張感もありますし、生徒たちの前に立って生徒が一斉に自分を見るというのがものすごく違和感です。逆に堂々としてなきゃって思います」と語った。

聖に恋する教え子・黒岩晶役を演じる岡田健史は、オーディションを勝ち抜き本作で芸能界デビューを飾る新人。公の場に登場するのもこの会見が初めての岡田は「みなさん初めまして、岡田健史です。本日はお集まりいただき、ありがとうございます。初めての仕事で毎日刺激的な日々を送らせていただいています。会見の場も初めてで緊張していますがどうぞよろしくお願いします」と初々しくあいさつし、会場から温かい拍手が送られた。

岡田はまた、晶役について「たくさんの方々のおかげで毎日晶を演じることができることができています。監督に感情の表現の仕方など一から教えていただきました。周りの方々に支えていただきながら、一緒に作らせていただいています」と説明。「毎日が勉強で刺激的で感謝があふれる日々になっています」と再び“感謝”という言葉を使うと、会場から笑いが起こった。

晶が聖をビンタするシーンが予告映像に描かれているが、岡田は「あの有村架純さんを叩いていいのか、晶としてではなく岡田健史の感情が勝ってしまい…」と葛藤を打ち明け、リハーサルから本番さながらにやるように言われるも、監督を見ながらスローモーションに叩くことしかできず、監督から「私を見るな」と怒られたと告白。「なんとか有村さんのお力も借りながら撮り終えることができました」と話した。有村は「受ける側は待っているだけなので、岡田さんが一番大変だったかなと思います。本番はきちんとビンタしていただいたので良かったです」と笑顔で振り返った。

あなたにおすすめ