町田啓太「本当に大好きで…」初恋の思い出を告白


劇団EXILEの町田啓太が6日、東京・赤坂のTBSで行われ、有村架純主演のTBS系火曜ドラマ『中学聖日記』(10月9日スタート、毎週火曜22:00~)の制作発表会見に、有村、岡田健史、吉田羊、夏川結衣と共に出席し、初恋の思い出を語った。

同ドラマは、漫画雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中のかわかみじゅんこ氏による同名漫画が原作。片田舎の中学校を舞台に、自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、赴任先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(岡田)に心惹かれていく女性教師・末永聖(有村)の“禁断の純愛”を、儚くも美しく描く。

町田が演じるのは、主人公・聖の恋人であり婚約者・川合勝太郎。「婚約者が中学生に惹かれていく、それを感じたときに勝太郎がどうなるのか。有村さんや岡田君の表情をしっかり見ながら素直な気持ちで反応していけたら」と語った。

そして、誰からも好かれるバリバリのエリート商社マンである完璧な勝太郎について「いろんなことがそろっている人間で、僕で大丈夫かなと…」という思いも告白。そして、「聖ちゃんと長く付き合っている。ずっと過ごしてきている関係性も、言葉だけでなく雰囲気で見えるようにというのが大きな課題でした」と明かした。

また、初恋の思い出を聞かれると「幼稚園の先生」と明かし、「すごい大好きで、本当に好きで、後ろをつきまとっていて、帰るときに泣いたりしていた」と説明。当時、おしゃぶりを手放せなかったそうで、「ひっそりと持ち込んでお昼寝の時間に布団の中でくわえて寝ていて、それを大好きな先生に見られてショックを受けて、こんなダサいところ見せてしまったと…『こんなのいらねえ!』って泣きながら河原にバーンって投げた」と思い出を語り、「好きっていうのがそこで芽生えたんだなと…」と振り返った。

左から夏川結衣、岡田健史、有村架純、町田啓太、吉田羊

あなたにおすすめ