食べものよりも気を付けて 自衛隊のダイエット方法に「気にしたことなかった」

grape

2018/10/6 16:30


※写真はイメージ
自衛隊といえば、屈強、精かんといったイメージが強くあります。

「メタボリックシンドローム(以下、メタボ)を心配する人なんていない」と思っている人も多いかもしれません。

しかし、実は結構な数のメタボ予備軍が自衛隊にもいるといいます。

メタボにならないために、自衛隊員はどのようなトレーニングを行っているのでしょうか。

自衛隊式ダイエット方法をご覧ください。


筋トレ編

まずは筋トレの基本となる、腕立て伏せ、スクワット、腹筋のやりかたをご覧ください。

腕立てとスクワット


腹筋


腕や脚を伸ばしきらないことで、常に筋肉に負荷をかける自衛隊式トレーニング。

なかなかきつそうですが、しっかりと筋肉をつけることで、太りにくい身体作りもできるそうです。

さて、トレーニングもいいのですが、ダイエットといえばやはり気になるのが食事法。

自衛隊では、どのようなことに気を付けているのでしょうか。

自衛隊がぜひ紹介したい食事法!

食事編

食事内容を気にすることも大切ですが、自衛隊体育学校が紹介したいという食事法がこちらです。


まず優先するのが食事の時の姿勢だったことに驚いた人も多いのではないでしょうか。

自衛隊式ダイエットを見て、ネット上にはこのような声が上がっていました。

・食事中の姿勢か…気にしたことなかったです。

・これはガチの筋トレだ。でも効果はありそう。

・ダイエットする時はこれを参考にしてみよう。

「気軽にダイエットをしたいけど、運動は苦手!」という人は、まずは食事の時の姿勢を正すことから始めるといいかもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ