渡辺大 国際映画祭で主演男優賞 父・渡辺謙から祝福も妹・杏は…

 俳優の渡辺大(34)が6日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。妹で女優の杏(32)から来たメールの意外な内容を明かした。

 大は主演映画「ウスケボーイズ」(10月20日公開、柿崎ゆうじ監督)で、「マドリード国際映画祭」で外国語部門最優秀主演男優賞を受賞。授賞式で「スタートが6時で夜の11時半ぐらい。僕らの発表って最後のほうなんです。今回の映画って、日本の映画の醸造家さんたちの話なので、スペインのCAVAがいっぱいあるんで、うれしくていっぱい飲んでいたら、ちょっと時差ボケも始まって、9時半ぐらいでこんな(フラフラ)になって…。(眠くなってきた)と思った時に、『Usuke Boys』って呼ばれて。それでバーッて行っちゃった。ボーっとしちゃって」と酔った状態でスピーチをしていたことを明かした。

 今回の受賞について、「ちょうど受賞した時に日本でもニュースになって、いろいろな方からご連絡いただいて。うちの親父からも連絡来て。『親父も連絡するんだな』って思って」と父親である俳優の渡辺謙(58)からもすぐに祝福のメールが来たことを告白。そんな中、杏からもLINEで連絡来たという。「うちの妹からも、珍しいな、来た!って思ったら、『どう思う、次の新作の携帯ゲーム、面白いかな』って。なんだコレ?って」とお祝いの連絡ではなく、まさかのゲームの意見を聞く内容だったことを暴露。「普段も1カ月1回連絡を取ればいいぐらいなんです。たまの連絡がこのタイミングで、なんでゲームなんだ? なんやねん、コイツ!」とツッコミつつも「『あれ、面白いと思うけどな』って真面目に返すっていう」とやり取りを明かした。いまだに、杏から祝福の連絡はないようで「(もしまだ受賞を知らなかったら)ちょっと家まで行きましょう」と苦笑した。

あなたにおすすめ