許す?許さない? 浮気されたらやるべきこと5つ

愛カツ

2018/10/5 12:45


浮気をされたら誰でも動揺するものですが、感情にまかせた行動はメリットがありません。

彼の浮気と正面から向き合い、再び同じ裏切りに会わないようにすることが肝心です。

そこで今回は、2度と浮気されないよう「浮気された際にやるべきこと」をまとめました。

悲しみのどん底にあるあなたにとって、ご紹介する手順が参考になれば幸いです。

浮気

■ 1.思いっきり悲しむ姿を見せる

交際の長さにかかわらず、浮気する男性には「1度くらい大丈夫」「バレても許してくれる」という甘い考えがあるもの。

あなたを見くびっている彼に見せつけるべきは、鬼のように激高した姿ではなく、傷ついている姿。

彼からのメールや電話があっても、泣いてすがったり、うらみをぶつけたりしてはいけません。

しばらくは彼を遠ざけ、傷ついた姿を見せるのです。

「あなたが別れる決意をしたらしい」と共通の友人を通して彼の耳に入れたり、振られるかもしれないと彼に思わせたり。

まずは、愛してくれていた女性を深く傷つけてしまったと反省していただきましょう。

■ 2.処分保留の時間をつくる

手順2は、あなたを心配した彼が「どうしても会って話がしたい」と言ってきた場合に限ります。

カフェなど、ふたりきりにならない場所で会い、別れの予感におびえる彼の言い分けを聞いてあげましょう。

ただの遊びだった、酔っていた、もう2度としない、君だけしかいない……。

そんなありきたりな言い訳をひと通り聞いた後、冷静にこう言い渡しましょう。

「この先、あなたを許せるかどうか自信がないの。また浮気されたらと思うと交際を続けることが怖い。だから、もう少し心気持ちの整理がつくまで時間をくれませんか?」と。

ここで軽くヨリをもどしてしまったら、浮気の事実をそのままスルーしてしまうだけ。

2度と浮気しない彼をつくるためには、ここからが大事な時間です。

■ 3.浮気か本気かをきちんと問う

できれば半月くらいのお仕置き時間をおいてから彼と会い、本当に浮気だったのか、彼女とはどうしてそうなったのかを冷静に問います。

当然、彼は「もう2度としない」と誓うでしょう。

そこで「もうしないでね。信じるから」と終わらせないこと。

単なる恋愛関係から、結婚を視野に入れた段階にもっていくことが大事。

「やり直すなら、前より真剣な交際を続けられるかどうか考えて結論を出して」と、彼に責任を持たせるのです。

実際に結婚まで考えていなくても、これくらいの足かせをつけておくのが◎

多くの女性は、結婚したいと迫られる年齢に限りがあるもの。

浮気を逆手にとって、いままで以上の関係を約束してもらいましょう。

■ 4.浮気された自分も問い直す

付き合い始めた頃のように、彼があなたにゾッコンだったら、彼はきっと浮気をしなかったはず。

交際がスタートした頃とくらべて、あなたが変わってしまったことはありませんか?

彼の好意に対して感謝の気持ちを言葉にしていますか? 言葉使いや態度が雑になっていませんか?

「浮気された自分」を見つめ直すことも、前に進むための重要な要素。

交際中の彼への配慮に欠けていたとしたら……その気づきは、あなた自身の今後にもプラスになるはずです。

■ 5.やり直しの思い出をつくる

彼の浮気を許したら、なんらかの共同作業で思い出づくりをするのがおすすめ。

旅行に行く、コンサートに行く、ペアリングをつくる、共通の趣味をはじめる。

恋愛を再スタートするきっかけになれば、なんでもOKで。

表向きは再スタートのためのきっかけですが、実際は、2度と浮気しないと誓った彼への戒めの日。

良くも悪くも忘れられない記念日となるはずです。

■ おわりに

浮気がバレてもまったく連絡をしてこない、あるいは「君の気持ちを尊重する」などと余裕ぶっているような男なら、きっぱりと別れたほうが賢明です。

彼はあなたに固執していませんし、浮気相手が本命なのかもしれません。

そんなふざけた彼には、ふたりで撮った写真や彼がくれたプレゼントを箱に入れ「これは、あなたが処分してください」と送りつけてやるといいかもしれません。

浮気をしておきながら思い出は捨てられず、女々しく後悔するのは男のほうなのですから。

(5656/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ