買ったあとに「私どうかしていたな」と見返したアイテム




勢いや思いつきで購入してはみたものの「こんなもの絶対に使えない」なんて後悔したことはありませんか? 人は疲れているとき、何をしでかすかわからないもの。
あとからそれらのアイテムを見て、「私どうかしていたな」なんて思う日もあるでしょう。ここではそんな、買って後悔したアイテムを聞いてみました。

買って後悔したアイテム

「幸せになれる」と書いてある本

「恋愛も仕事もうまくいかずに悩んでいたときに買った自己啓発本。『幸せになれる』って書かれているタイトルに惹かれて買ったけど、気休めにしかならなかった。本棚に10冊以上並んでいるその本を見るたびに、あの頃は病んでいたなと思い出す」(30代/看護師)

▽ 心身ともに疲弊してるときは「幸せになれる」という言葉に弱いもの。幸せを求めてさまよっている人にとって、そう力強く応援してくれるものには、ついお金をかけて購入してしまいますよね。
幸せになりたいがために、自己啓発本やパワーストーンを買いあさり、現実から逃げて神頼みしてしまうことも。あとから振り返って「あの頃の私疲れていたんだな」と気づくこともあるようです。

スマホゲームに重課金



「仕事が忙しくてまともな休みもとれず、たまの休日はスマホゲームに没頭。働いているし! と理由をつけてゲームに重課金し、1か月で30万も課金。人って疲れると何をしでかすかわからない……。本当にあの頃はどうかしてたな……」(30代/IT)

▽ スマホゲームに夢中になっていると、歯止めがきかないくらいに課金してしまうこともあるでしょう。外出をせずに家にいる時間が長いとさらにその傾向は高まるようです。平日は明け方まで没頭、休日はほとんどゲームに費やすなんて人も。
時間を費やしているうちに課金した額も増えていって、あとになってびっくりすることもあるのかもしれません。

車のナンバー

「初めて車を買ったとき、新車ハイで車のナンバープレートを有料で“4649”に設定。そのときはノリで決めたけど、今考えると本当に恥ずかしい……」(20代/飲食店)

▽ 新しい車を買った喜びのテンションでナンバープレートを有料にしてこだわってしまった人もいるようです。新車ハイでとても楽しい気持ちになりますが、ナンバープレートは変えられないもの。
ナンバーに思いを込めることは素敵ですが、恥ずかしくないナンバーを選びたいところですね。

笑い袋

「ワンオペ育児に疲れ果てていたときに、100円ショップで買った笑い袋。家に帰ってひたすらボタンを押してたなぁ。あの笑い声を聞いてなぜか落ち着いてた。あのときの自分を客観視すると怖い(笑)」(30代/主婦)

▽ 人は疲れていると何か潤いを求めるもの。人工的なものであれ、笑い声が癒やしになるときもあるのです。笑い袋を購入し、家でひたすらその声を聞く遊びにハマッたという人もいました。

10kg以上ある巨大なぬいぐるみ



「酔っ払った勢いでネットで注文した巨大なぬいぐるみ。重さが16kgもあって場所もとるし……。一人暮らしのワンルームだから届いた日に絶望したし、なんでこんなものを買ったのかと数日前の自分を責めた」(20代/販売員)

▽ いったい何に使うのかもわからない、役立たないものを勢いで買ってしまうこともあるでしょう。部屋の広さや金額のことを考えずに翌朝「どうかしていたな」なんて後悔した人もいたようです。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ