「パパもつらいよ…」育児・仕事に奮闘する“父親たち”の本音

TOKYO FM+

2018/10/6 11:50

育児をする男性(メン)の略語である「イクメン」という言葉が流行って早8年。
“男性も育児をして当然”という風潮もあるなか、「どんなに頑張っても認められない……」と悩み、最近では“イクメンブルー”に陥るパパも出てきているそうです。TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」の10月3日(水)の生放送では、パーソナリティをつとめるたかみなが、「パパたちの本音」に寄せられたメッセージについて答えてくれました。


※写真はイメージです

まずは奥さんに言われた言葉に対しての本音。

「休日、家事や子どもの世話を忙しそうにしている妻に、何気なく『手伝おうか?』と聞いたら、妻の顔色がスッっと変わり、『“手伝う”ってどういうこと? 家事や育児は私だけの仕事だと思っているわけ? 当事者意識が足りないんじゃない?』とまくしたてられました……。ごめんねと謝ったけど、言葉のニュアンスにそこまでピリピリしなくてもいいのに!」(30代・男性)

良かれと思って言ったことが、相手の逆鱗に触れることも。大体の場合、パパの言葉に深い意味はないと思いますが……。無意識な言葉が、ママをイラつかせてしまうことがあるかもしれませんね。

「『ちょっと手伝ったからってイクメンだって言われているけど、私はいつも全部やってるのよ!』と妻に言われました。どうやら近所の人に『あなたのおうちは旦那さんがイクメンでいいわね』と言われたみたいで……。自分のほうがやっているのに、なぜ僕だけが褒められるのかと思ったんでしょう。でも、自分でイクメンと言ったことはないし、まわりが勝手に言っているだけなのに……」(30代・男性)

お父さんが子どもと遊んでいると「子煩悩ね」「イクメンね」などと声をかけてくる年配の方がいるそうです。それを聞いたお母さんが、“あなただけ褒められて”とお父さんを責めるのはお門違いかも。

次は、もっと子育てに協力したいけど、仕事が忙しくて難しい……という声。

「自分だってもっと育児に参加したい気持ちは山々です。でも、休日出勤はあるし、残業で帰ってくるのは終電間近。家族のために仕事で稼がなくちゃいけないし、身体を壊したら元も子もない。妻も働いていますが、定時には退社できるので家のことは任せたい。あと、たまに仕事の接待で遅くなると機嫌が悪くなりますが、好きで行っているわけではないので怒らないでほしい……」(40代・男性)

共働きといっても、お互いの勤務形態が一緒なわけではありません。休日出勤に残業……と休む間もなく働いていたら、体力の問題もあるし、手伝えないのは仕方ないですよね。

「子どもはもうすぐ1歳。飲食店勤務なので基本、夜中まで仕事をしています。朝の3時か4時頃に終わり、そこから昼前まで寝るというサイクルです。正直、働いているだけで毎日ギリギリ。起きてから、少しだけでも自分の時間を……と思ってスマホでゲームをすると、奥さんが『家にいるときくらい子どもと遊んだら?』と。ほんの30分ゲームをすることも許されないのかなぁ……」(20代・男性)

家事や育児で忙しくしているときに、目の前でのんびりゲームをされるとイラッとする気持ちはわかります。例えば、「30分だけのんびりしてもいいかな? そのあと子どもの面倒を見るから!」というような一言があると、多少違うかもしれませんね。

最後は、子どもに言われてショックだった言葉。

「出張が多い仕事で、長期になると1、2ヵ月家を空けることもしばしば。それでも家にいるときは子どもと遊んだり世話したりしているつもりです。先日久しぶりに家に戻り、また直ぐ次の出張に出ようとしたところ、玄関先で娘に『また遊びに来てね!』と言われてしまい、言葉を失いました……。玄関を出た後、このままでいいのか……と考え込んでしまいました」(30代・男性)

このエピソードには、たかみなも「これは切ない! 遊びに来ているおじさんと思われてしまっているのかな……切ない!」とコメント。

「いつも忙しいので、たまには家庭サービスを……と思い、仕事を早く切り上げて、妻や子どもたちにケーキを買って帰ったら、全員が開口一番『なんで今日こんな早いの!?』と。ケーキを置いて自室に退散したら、さすがに気にしたのか『パパありがとー!』って言いに来ましたが……。虚しい気持ちになりました」(40代・男性)

職場から、妻から、子どもたちからいろいろと言われ、“針のむしろ”となってしまう現代のパパたち。時代の流れは「夫婦共働き・育児家事は分担」へ向かっているので、今は過渡期なのかもしれません。夫婦どちらかの負担が大きくなっていると感じた場合は、しっかりと話し合い、どうしたら負担が減るのかを知ることが大事。また、言葉足らずで誤解をされている状況も多いので、自分がどうしたいのかをその都度きちんと伝えるということも必要ですね。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年10月11日(木) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

あなたにおすすめ