婚活中は一途でなくてもいい! 同時進行でデートをするメリットと

yummy!

2018/10/6 11:00


婚活中は一途でなくてもいい! 同時進行でデートをするメリットと

今の夫と出会う前、私は婚活難民でした。その頃は、3連休は全ていろんな男性とのデートに費やすほどでした。また1日で1人を相手にするのではなく、午前、午後、夜の部と3部構成。交際していたわけではないので、体の関係はありません。ただ、会食やデートをひたすら繰り返していました。
今の夫と出会ってからは、他の異性とデートしようという気には一切ならなくなりました。その理由は、出会って一週間後に「結婚を前提に交際してほしい」と言われ、その2~3週間後には彼の親に会わせてくれたからだと思います。ゴールが見えなければ、逆に他を探していたのかもしれません。
今回の記事では、複数の相手と同時進行でデートをするメリットを紹介させていただきます。ただ、今回のネタはあくまでハッキリしない関係をズルズル続けている、婚活中だけどいいなと思う男性とデートしていない時のみに活用してください。

筆者が複数の相手と同時進行していた理由



私の場合、もともと1人好きな人がいたら他の人は見ないタイプです。しかし、複数の異性と同時進行デートをする前に交際していた男性が、いつ連絡が取れるかわからないような相手でした。メールはショートメールしかできず、LINEは交換できません。SNSも登録していません。メールが返って来るのは、次の日になるなんてザラです。
また、「親を紹介してほしい」と言えば「結婚しようと思ってから」と返されます。当時、私は35歳。彼は36歳。むしろ、焦らなければならないような年齢です。「じゃあ、いつになるの?」と言えば「40になっても女性は結婚できるから大丈夫だよ」と言われます。
私は、ますます不安だけが募りました。「半年以内に結婚してくれないなら別れる」と言うと、次の日に振られました。交際期間は半年。婚活の無駄な時間を費やしてしまったと思った私は、もうハッキリしない男性を1人だけ追いかけるのは無駄骨だと思ったのです。

相手を見比べられるメリット



婚活を焦っている時ほど、男性を見る目は曇りがちです。また、焦るが故に相手の悪い点も受け入れようと思ってしまうこともあります。ただ、婚活に焦ったり結婚適齢期の女性こそ、もし「これだ」という男性がいないのであれば同時進行でデートしてみてはいかがでしょうか?
ちなみに、結婚相談所に入会すると複数の男性と同時進行でデートするのが当たり前のようになっています。ただ、デートの時には相手と体の関係になることを禁じられています。結婚となると、相手との相性が大切です。相性を調べるには、たくさんの人とデートして相手を見比べることが大切です。
しかし、だからといって複数の異性と体の関係を持つのは危険です。時と場合によっては、性病を移されたり子供ができない体になるなど、シャレにならないことになる可能性もあります。あくまで、相手をチェックする時には会食や手を繋ぐ程度でとどめておきましょう。

複数の相手と、同時進行でデートするメリットまとめ



もし結婚適齢期で焦っているのであれば、自分のために婚活しましょう。「相手を一途に思うのが大切」なんて綺麗事を言うのは、相手があなたに親を紹介してもらえるまで辞めた方がいいでしょう。
37歳でなんとかギリギリ結婚できた私ですが、あの頃私が結婚を焦らせていなければ、両親に会わせてもらえなければ結婚できなかったかもしれません。彼は、私と出会ったころは35歳。本当は、交際期間を2年設けたかったようです。
しかし、ゼクシィのイベントで結婚式場の予約をし、彼がトイレにいっている間に私が結婚式場の契約を勝手にしたのが原因で、1年後に結婚することになりました。もし結婚に非協力的な男性なら、強硬手段に出るのも手かもしれません。また、彼と出会う前に複数の男性とデートできたからこそ、彼と出会った瞬間に「これだ!」とすぐ決意できたのだと思います。
(みくまゆたん/ライター)

あなたにおすすめ