「いくつになっても女の子って押しに弱いんだな」龍太のストレートさがあゆむの心を掴む 『私の年下王子さま』最終回

AbemaTIMES

2018/10/6 10:30


 AbemaTVにて9月29日(土)よる10時より 『私の年下王子さま』最終回 が放送された。

 同番組は、フレッシュな年下の男子である“年下王子”たちが、恋愛経験豊富な年上女性=“オトナ女子”にアプローチして、ときめきを与えられるかを検証すべく男女の恋愛模様を追いかける恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、モデルでタレントの木下優樹菜。ゲストには、歌手の青山テルマ、東海発の男性アイドルグループ「BOYS AND MEN」のメンバーで俳優の小林豊、そしてエンディングテーマ曲を歌う「SILENT SIREN」のボーカル・すぅを迎えた。

年下王子として出演するのは、“負けず嫌いなナマイキ王子”西野龍太(龍太・21歳)、“ふんわり系チワワ王子”世古口凌(りょう・21歳)、”商社勤務のスマイル王子”相馬理(さとる・21歳)、”熱いハートのワイルド王子”TOMOKI(TOMOKI・22歳)。そんな年下王子たちと出会うのが、気さくで可愛らしいモデルの光沙子(みさみさ・29歳)、おっとりタレントの尾崎明日香(あすか・25歳)、メンバー最年長の竹内渉(あゆむ・32歳)、DJもこなすキレイ系モデルの植田せりな(せりな・29歳)。

メンバーたちは、お泊り旅行や抜けがけの個別デート、ホームパーティーなどを通して仲を深め合い、年下王子から女性に告白。告白が成功すればカップル成立となり、卒業することができるというルールだ。さらに、執事からLINEで送られてくる指令が恋を加速させる。

 2泊3日旅行の最終日。最後のアピールタイムでは、さとるがあゆむと2ショットに。前日の2ショットで自分の気持ちを話せなかったことを後悔したさとるは、「あゆへの気持ちは誰にも負けてない」とアピール。しかし、あゆむは「私も女の子だから、不安になることもある。それを埋めてもらえるのかな?」と不安な心境を打ち明けた。言葉に出すことが下手で、ヘラヘラとしてしまうさとるには、スタジオメンバーたちも「(笑っちゃうのは)クセなんだろうね」「だんだん腹立ってくるようになりそう」とチクリ。

 そんな2人のもとへ龍太が乱入。あゆむは、「さとるへ一筋でいく」と宣言したのにもかかわらず、諦めずに自分のもとへ来てくれる龍太に驚き。そして、「自分が甘えるだけじゃなくて、守ってあげたいなと思った」といつでも言葉でしっかりと伝えてくれる龍太に気持ちが揺れていた。

 そして最後の告白タイム。あゆむが選んだのは…龍太だった。あゆむは「龍太のおかげで久しぶりに恋したい気持ちになりました」「いくつになっても女の子って押しに弱いんだなと思いました」と決め手を明かす。

 一方、振られてしまったさとるはその場では笑顔を見せたものの、1人になると涙。「あんまり自分の気持ちを全面に出せてない部分があって、それが足りなかったのかなと思います」と後悔。そんなさとるを見て、スタジオの木下も涙するのだった。

 とはいえ、初期メンバーである龍太の恋をずっと見守ってきたスタジオメンバーたちは、この結果に歓喜。龍太の男気ある言動を評価し、他の人に気持ちがあることを知っておきながら、あゆむの頬にキスをし、「ごめん」と呟いたシーンが良かったと振り返った。

 龍太と同じく初期メンバーのりょうは、あすかに告白し大成功。しかし、TOMOKIはせりなに振られてしまい、龍太に思いを寄せていたみさみさは誰からも告白をされず、と悲しい結末も。結果、第1章ではけい&れいなカップル、りく&CHIHAカップル、第2章では龍太&あゆむカップル、りょう&あすかカップルという4組の年下王子とオトナ女子カップルが誕生して、番組は終了した。

(c)AbemaTV

▶︎【Abemaビデオで配信中】私の年下王子さま

あなたにおすすめ