ウエンツ瑛士卒業『視察団』の後任にテレ朝2年目・井澤健太朗アナ

AbemaTIMES

2018/10/6 08:00


 イギリス留学のため、9月29日の放送をもって『世界が驚いたニッポン! スゴ~イデスネ!!視察団』(テレビ朝日系)を一旦卒業したウエンツ瑛士。その後任として、テレビ朝日入社2年目の井澤健太朗アナウンサーがレギュラーを務めることがわかった。13日放送の2時間スペシャルから、MCの爆笑問題とともに番組を進行する。

初収録に臨んだ井澤アナは、「前回のスペシャルの最後に『ウエンツさんの後任、誰になるんでしょうか? お楽しみに~!』と告知され、テレビの前で心が痛くなったんです(笑)。初収録の前は緊張のあまり、食事もほとんど喉を通りませんでした」と、リアルな心境を告白。

そんな井澤アナの初々しさと誠実さに爆笑問題・太田光は、「井澤アナは23歳ですが、爆笑問題も23歳で結成したんです。オレなんてテレビに出た当初はガチガチで『全員が敵だ!』って思っちゃって、心を閉ざしちゃって…。ネタだけやって、あとはさっと帰るような感じだったんですよ。でも井澤アナからは、初収録の段階で将来性を感じましたし、すぐに緊張も解けて慣れると思います」と絶賛。田中裕二も「後任はてっきり女性アナウンサーかと思ったら、男性アナ、しかも入社2年目の井澤アナでビックリ! 顔立ちも男前で、ウエンツを日本人にした感じですしね。女性の視聴者が増えるんじゃないかな。期待のホープである井澤アナの成長を間近で見られることを楽しみに、僕らも心機一転頑張っていきます」と期待を寄せた。

【井澤健太朗(テレビ朝日アナウンサー) コメント】


 前回のスペシャルの最後に『ウエンツさんの後任、誰になるんでしょうか? お楽しみに~!』と告知され、テレビの前で心が痛くなったんです(笑)。初収録の前は緊張のあまり、食事もほとんど喉を通りませんでした。収録では進行台本とVTRを見るので頭がいっぱいで、冒頭から汗が止まらず、ハンカチがびちょびちょになりました。でも、皆さんの掛け合いがとても楽しく、途中からは心もちょっとほぐれて、思わず笑顔がこぼれたほどです。

爆笑問題さんからはすべてを学びたいです。アナウンス部の部長からも「田中さんの隣にいられることは本当にスゴい貴重なこと。司会というものをしっかり学んで来い!」と送り出されたので、司会のイロハを頑張って吸収したいです。太田さんはご挨拶の段階からひどく緊張している僕に、銃でパンッと撃つマネをして、緊張をほぐしてくださったんです。そのさりげない心遣いを見習っていきたいです。

この番組を通して、まずはお茶の間の皆さんに顔と名前を覚えていただき、親しんでいただける存在になりたいです。また、少しでも爆笑問題さんのお役に立つことができれば…と思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

(C)テレビ朝日

▶︎ テレ朝・小川彩佳アナが新MCの『AbemaPrime』を期間限定で無料配信中

あなたにおすすめ