相葉雅紀のそば打ちを職人が絶賛「うちの若い衆よりうまい」


アイドルグループ・嵐の相葉雅紀が出演するテレビ朝日系バラエティ番組『相葉マナブ』(毎週日曜 18:00~)。7日の放送では、相葉主演の同局系ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(12日スタート、毎週金曜 23:15~ ※一部地域除く)とコラボレーションする。

同ドラマでは、相葉演じるコオ先生を中心に、神楽坂で暮らす人々の日常が街の景色と共に温かく描かれる。『相葉マナブ』では、そんな神楽坂に22年住んでいるという峰竜太が、行きつけの名店や歴史ある店舗などに案内していく。

相葉がそばを打てると聞いた峰は、09年から9年連続でミシュランに掲載され続けている「石臼挽き手打 蕎楽亭」に案内。職人から「切ってみます?」と提案され、相葉は「いいんですか…?」と恐縮しながらも包丁を手に取ると、 これまで何度も番組でそばを打ってきた相葉の腕前を見た職人は、「うちの若い衆よりうまい」「真面目な性格が出てる」と絶賛する。

さらに、相葉が「今まさに、ここでドラマを撮ってますよ」と言う路地裏などの撮影スポットも紹介。アンジャッシュ渡部建らに「ちょっとやってみてよ」と言われた相葉がコオ先生になりきって、ドラマの1シーンの再現も見せる。

あなたにおすすめ