占いを好きな人ほど「当たる」と思ってしまう3つの理由

fumumu

2018/10/6 06:00


雑誌やTVなどの占いは欠かさずチェックしている人は少なくないですよね。いい結果だけ信じるなんてこともよく言われます。

fumumu取材班が占い好きな人たちに聞いてみると、好きな人ほど「占いは当たる」と口にします。

本当にそんなに当たるものなのでしょうか? 詳しく聞いてみると、当たると思っている理由が浮かび上がってきます。

(1)出来事を占いに当てはめがち


「夏休み中にイベントで出会い、すぐに意気投合して付き合い始めた彼氏。しかし、大学が始まった途端、連絡が激減して…このままフラれるのではないかと、不安になっていました。

ところが、今月の占いで『夏からスピーディーに育った愛の関係が、一旦調整期に入る…』とあり、『そういうことだったのか!』と、一安心。2人の愛のために、今は必要な冷却期間だそうです」(20代・女性)

起こった出来事を占い結果に当てはめて、都合良く解釈していることも…。

(2)占いの「アンラッキー」を失敗の言い訳に


「たまたま、バイト先のロッカーの鍵をかけ忘れた際に、大切にしていたバッグを盗まれました。バッグの中には、お財布や携帯も入っていたので、最悪です。

占いによれば、私の今年の運勢は最悪なのだとか。来年にならないと運気が回復しないようなので、凹んでいます」(10代・女性)

そもそも、ロッカーの鍵をかけ忘れなければ、バッグを盗まれることはなかったかもしれません。

(3)信じられる相談相手がいない


「悩みや不安を相談出来る相手がいません。自分のことをさらけ出すのは苦手だし、弱みを握られてしまいそうで…。

でも、占いは、こんな私を否定することなく、適切なアドバイスをくれます。安心できるし、誰よりも頼りにしています」(10代・女性)

自分が求めている占い結果に出会えるまで、占いをはしごする人も多いのだとか。

占いにそこまで興味はなくても、結果が今の自分の立場や状況などに当てはまった瞬間、意識せずにはいられなくなってしまう人もいるでしょう。

しかし、占いを信じ過ぎてしまうと、逆に、その結果に振り回されてしまうこともあるようなので、気を付けたいですね。

・合わせて読みたい→完全に被害者なのに…「自分の責任」で片付けられた納得いかない出来事

(文/fumumu編集部・NANA)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ