ハーレーダビッドソンFXDR114──直線番長と侮るなかれ

editeur

2018/10/6 05:58

ハーレーダビッドソン2019年モデルのなかでもっとも注目される『FXDR114』


この夏、ハーレーダビッドソン ジャパンはアメリカ本国と同じタイミングで2019年モデルを発表した。そのなかでも、ひと際カメラのフラッシュを浴びていたのがソフテイルファミリーに加わったアグレッシブ感満載のニューモデル『FXDR114』だ。

そのデザインは、轟音とともにアスファルトを蹴り、白煙を残して疾走するドラッグレースからインスパイアされている。なによりもそれを印象づけるのは、リア周りだ。鉈でぶった切ったかのようなテールカウルに、マットブラックの新型アルミニウム製スイングアームとアルミサブフレーム。リアに履いているのは240mmの超極太タイヤである。信号待ちで後ろについてしまったら、息を止めて見入るしかない。圧巻のリアビューだ。

フロントデザインのひとつであるメーターバイザーにはオーバル形状の縦型LEDヘッドライトが収められ、ハンドルにはハーレー独自のデジタル式ライザーゲージが装着された。マシンの輪郭を長く見せるストレッチ・フュエルタンクは、スマートでアグレッシブなスタイリングの構成に寄与し、16.7Lというタンク容量による無給油ツーリングも可能としている。

3500回転で160Nmの最大トルクを発生するミルウォーキーエイト114エンジン


ドラッグレースは4分の1マイル(約402km)のタイムを2台のマシンで競うモータースポーツだ。日本でいうゼロヨンである。ハーレーは、その統括団体であるNHRA(全米ホットロッド協会)主催のレースに参戦しており、当然ながらそこで培った技術や経験が『FXDR114』にもフィードバックされている。

エンジンへ取り入れる空気の流れをより高める形状が特徴的な新型エアインテークは、まさにそのひとつ。さらに、前方を向いて露出しているエアーフィルターエレメント(効率的に空気を取り入れ、汚れを取り除くパーツ)がなんともドラッグレーサーらしく、そそるのだ。

搭載するエンジンは、ソフテイルファミリー共通の「Milwaukee-Eight 114(ミルウォーキーエイト114)」。排気量114キュービックインチ(1868cc)の空冷OHV4バルブVツインで、モデル名にもある「114」はキュービックインチの排気量を表している。

このエンジンが発生する最大トルクは3500回転で160Nm。3500回転など、アクセルをちょいとひねったら出てしまう回転数だ。それでこれだけのトルクを発揮するのだから、常にバックミラーを見て警戒しないと免許証がなくなってしまう(最高出力は未発表)。

コーナリング中のバンク角に干渉しないよう設計された逆三角形のサイレンサー


ハーレー乗りなら「おおっ!」と声が出そうになるのがエキゾーストパイプの取り回しだろう。まるで管楽器のトロンボーンのようにU字に曲がり、2into1としているのだ。

ドラッグレーサーというと、斜めに切り落としたスラッシュカットサイレンサーを思い浮かべるが、『FXDR114』は逆三角形のサイレンサーを採用している。これはスポーツバイクと同じように、コーナリング中のバンク角に干渉しないよう設計されたものだ。

そう、じつは『FXDR114』は、ドラッグレーサーにありがちな、まっすぐ走ることだけが得意な“直線番長”ではない。新設計のソフテイルフレームは機敏な動きにも追従し、フロントはパイ43mmのカートリッジ式倒立フォークにABS付きディスクブレーキまで備える。それによりバンク角32度以上を実現し、ストレスのないコーナリングが愉しめるのだ。

ハーレーの元祖ドラッグレーサー「V-ROD」ファミリーがなきあと、他人と違うハーレーを求めていたライダーは必ずチェックしたほうがいい。価格は「ビビッドブラック」が286万2000円から、「モノトーン」は290万4000円からとなっている(いずれも税込み)。

あなたにおすすめ