性行為を断られ逆上した女、恋人の顔をナイフで切り裂く(米)

酒に酔った女が思い通りに事が運ばないことに逆上し、同棲中の恋人の顔をナイフで切りつけるという事件が米フロリダ州で起こった。『New York Post』『Miami Herald』などが伝えている。

フロリダ州ベロビーチのアパートに住むキャサリン・ニーべス・タバレス(Katherine Nieves-Tavarez、27歳)は9月27日の深夜、同棲中の恋人アモーリ・バスケス・コレーロさん(Amaury Vazquez Correro)に酔っ払った状態で性行為を要求した。

キャサリンはソファーでアモーリさんにすり寄り何度も求めてみたが、彼はこれを拒絶した。するとキャサリンが逆上して叫び始めたため、アモーリさんはテラスへと逃げるもその後、大型の銀製キッチンナイフを手にしたキャサリンが近付いてきたことに気付いた。その瞬間、アモーリさんは顔を複数にわたり切りつけられたが、攻撃している間もキャサリンは叫び続けていたという。

通報を受けた警察官が午前3時半頃にアパートに到着すると、服や両手に血をつけたキャサリンが玄関先に出てきた。その後、警察官は床に顔を血まみれにして倒れているアモーリさんを発見。「ナイフで(キャサリンが)切りかかってきた。目が見えない」と訴えたアモーリさんは、シャツが切り裂かれ顔と首に複数の切り傷を負っていたという。インディアンリバー・メディカルセンターへ搬送され治療を受けたアモーリさんだが、「あまりにも一瞬のことだったので、何度ナイフで切り付けられたかは覚えていない」と警察官に話したそうだ。

加重暴行で逮捕されたキャサリンは、事情聴取で「恋人は顔に傷を負って帰宅した。何があったのか尋ねたら逆上してナイフで襲いかかってきた」などと供述していたが、現在はインディアンリバー郡刑務所に15,000ドル(約170万円)の保釈金を設定されて拘留されている。

画像は『New York Post 2018年10月1日付「Woman slashed boyfriend who didn’t want to have sex: cops」(Image:Indian River County Sheriff's Office)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ