乃木坂46 1期生 能條愛未卒業を発表、12.15個別握手会が最後の活動

dwango.jp news

2018/10/6 02:31


乃木坂46結成当初から、グループ飛躍の立役者として「華の94年組」と呼ばれた中の一人、能條愛未が卒業を発表した。

5日「皆様へ。」というタイトルでブログを更新。「前向きな一歩です。人生の中で最も そしてはじめて、自分で大きな決断をしたと思っています。わたくし能條愛未は、乃木坂46を卒業します。」と切り出した。



卒業を決断したのは、1年半前の全国ツアー中だったと明かし、「自分なかの直感みたいなもので 次へ進もうという気持ちがふと湧いてきました」と綴った。

「こんなアイドルなのかなんなのかというキャラなのにも関わらず、背中を押し続けて 光を照らし続けて 私がアイドルになった意味を教えてくれたファンの皆様。全ての皆様のおかげで私はここまでやってくることが出来ました。」とファンにメッセージ。卒業後も芸能界には残るという。

乃木坂46の活動としては、12月15日(土)に開催される個別握手会が最後になる模様だ。先月20日に西野七瀬が、わずか5日前には若月佑美が卒業を発表、そしてまた1期生の至宝がグループを去ることになる。

グループのムードメーカとして、トークも上手く「乃木坂ってどこ?」「乃木坂工事中」とグループの冠番組でもそのスキルを如何なく発揮。また多くの舞台の経験も積んだ。アイドルを卒業しても多方面での活躍に期待したい。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ