プレゼントや料理!? 彼氏を感激させる誕生日の祝い方

All About

2018/10/6 02:00

彼氏の誕生日には、一緒に過ごしてお祝いをするという人が多いのではないでしょうか。しかし、何をあげたら喜んでもらえるのかわからない人も多いのでは? 彼氏の誕生日には、何をすれば喜んでもらえるのでしょうか。

彼氏の誕生日には何をすれば喜ぶの?

彼氏の誕生日には、一緒に過ごしてお祝いをするという人が多いのではないでしょうか。

しかし、「何かほしいものある?」と尋ねても「う~ん、もらったらなんでも嬉しいけどな」と漠然としていて、何をあげたら喜んでもらえるのかわからない人も多いのでは?

同性の友だちの誕生日なら、お花やデザートプレートが定番ですが、男性に贈っても反応はイマイチ。男性の誕生日には、何をすれば喜んでもらえるのでしょうか。

彼氏の誕生日プレゼントは「値段より気持ち」

夜景の見えるレストランで食事をして、ブランド品をプレゼントされて喜ぶのは、どちらかというと女性です。女性のなかには、プレゼントの値段やレストランのランクで自分の愛され度を測ってしまう人が少なからずいますが、男性はプレゼントなどを「値段より気持ち」だと考える人が多いようです。

では気持ちを感じるものはなんでしょうか?

手料理のもてなしや、手書きのメッセージカードなど、アナログなプレゼントは依然人気を誇ります。特に手紙は、普段は照れて言えないような彼への思いを赤裸々に綴ると良いでしょう。

手紙の内容は、彼の好きなところ、彼が頑張っていることを応援している気持ち、これから先も好きでいるという誓いなど、読む度に元気が出るようなことを書きます。

特に彼自身も知らない彼の長所もオススメ。彼のことをちゃんと見ているからこそわかることを彼女に指摘されるのはうれしいですし、彼女にきちんと愛されていることを実感できます。

彼氏への贈り物は見た目や値段より「能書き」を添えること

プレゼントを贈るなら、「相手がほしいと言っていたもの」か、「相手のセンスに合うもの」を選びます。仕事用のブリーフケースや財布など、毎日使えるものは女性のアクセサリーに相当するので、プレゼントの定番です。

問題はここから。女性はデザインそのものに興味を持つ傾向がありますが、男性は能書きにグッとくる人が多いと思います。たとえば、シンプルな物を選ぶなら、素材の良さやブランドの歴史など、選んだときのこだわりを伝えてあげると、ますます愛着が湧くようです。

彼氏の誕生日の食事は、「家で手料理」か「外食でスマートに奢る」

前日から仕込みが必要な手の込んだ手料理など、凝った料理は彼を感動させます。料理に全く自信がない人は、切るだけで作れる鍋料理がオススメ。「誕生日だからいいお肉にしちゃった」など、誕生日の特別感を出すことができれば、シンプルな料理でも良い思い出になります。

また、食事に出るなら、「今日は私が払うね」とスッと財布を開くのもスマートです。いつも彼氏が支払ってくれていたり、割り勘にしているなら効果大。「自分の誕生日なのに、結局俺が払うのか」と考えてしまう男性もいるので、「女なのに支払うなんて」と考えずに支払いたいものです。

不機嫌になるのはダメ! 彼氏の望みは「平穏な誕生日」

注意したいことは、彼女が浮き沈み激しい性格であればあるほど、イベント時にケンカをしがち。男性は、女性のヒステリーや涙が苦手なので、付き合い始めの頃はオロオロし、関係が落ち着いてきた頃には「めんどくさい」と思うようになります。

実はイベント時に彼氏が一番望んでいることは、平穏に過ごすということ。彼女が泣いたりキレたりするだけで、憂うつな気分になり、誕生日を楽しく過ごすことができません。

誕生日の準備を頑張ったのに、彼の反応が薄くてムッとしてしまうこともあるかもしれませんが、彼の誕生日はあくまで彼が主役。彼が気分良く過ごせるよう、我慢をしましょう。

彼氏の誕生日を忘れても、即興のカードや買い物でごまかして!

「今日は彼氏の誕生日だったのに忘れてた!」

そんな焦る状況を切り抜けるには、「覚えていたけど、あえて何も準備していなかった」……という姿勢を貫くことが大事。男性は記念日に重きをおかないとはいえ、彼女に誕生日を忘れられていたら、さすがにショックを受けるはず。「忘れてた」と言わないのがマナー。

デートの途中、会っているときに思い出したら、彼の隙を見てカードとペンを購入し、バースデーカードだけでも渡しておきましょう。プレゼントの準備は当日でもOK。

誕生日プレゼントは、彼氏の意見をうまく引き出して!

買い物が好きな男性は、服や小物にこだわりを持つ人が多いですよね。それを逆手に取って、「何をあげたら100%喜んでもらえるかわからなかったから、今から一緒に買いに行こう」でOK。彼に自分で選んでもらいましょう。

逆に、買い物が嫌いな男性には、ほしい物のリクエストをざっくりと聞きます。もともと買い物に興味がない物欲の薄い人なので、大抵「何でもいい」と答えが返ってくるはず。しかし、全くセンスに合わない要らないものは、もらって嬉しくないプレゼント。そこで、念のため「服と小物とデジタルグッズだったら、どれがいい?」など、絞り込みを掛けていくと、彼のほしい物に行き当たります。

男性は「サプライズ」に反応が薄いのが「普通」!

彼が嬉しさを表現してくれないのは「照れくさいから」と考えておくほうが良いかもしれません。彼を驚かせようと様々なサプライズを仕掛けても、思っていたよりも反応が返ってこないかもしれません。それは一般的にイベント事に対して、女性よりも男性のほうが重きを置かないため。

「私がこれだけしてあげたのに!」という気持ちでいると、彼の反応の薄さに苛立ちを覚えてしまいますが、「してあげてる」という上からの目線がそもそもの間違い。彼の誕生日は、「彼が生まれてきてくれたことに感謝をする日」というスタンスで考えておかないと、思い出の1日を台無しにしてしまうかもしれませんよ。
(文:相沢 あい)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ