【九星フラワー占い】七赤金星の10月の運勢は「秘密が重みを増す」

OTONA SALONE

2018/10/6 00:02



社会的に力のあり、人の上に立つ男性の動きが特に注目されそうな今月。彼ら自身の目が冴えている時期でもあり、隠れた能力や功績が彼らによって見出される、なんてこともありそう。ふーん、誰の能力?と思っていませんか。もしかしたらアナタかもしれません!

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

頭の回転が早い七赤金星。でも回転速度が増し過ぎて……


今月はとにかく、おへその下あたりにある丹田に力を入れて、足を地面にしっかりつけて進んでください。

次からつぎへと用事や頼まれごとがやってきて、忙しさに目がわまってしまうかもしれません。

頭の回転が早い七赤金星なので乗り越えられるとは思いますが、冷静さを失いそうになったら、足の裏の感覚に意識を向けるというのが、意外に効果があると思います。

今月は、ちょっとケガをしやすい月でもあるので、なおさら足元は大切です。

ふて腐れはおおいに運気を下げるので注意


そして、がんばった分のご褒美はなかなか得られないし、あってもあまり大したことがないようにおもわれるかもしれませんが、後々大きくなっていきますので、ヤケになったりしないでくださいね。

ふて腐れると、うまく行っていたことまで、調子がくるってきてしまいますから。

とくに、どこで❝スゴイ男❞(総体運を参照→こちら( https://otonasalone.jp/83726/ ))が見ているかはわからないので、気をぬかないで。

あたらしい何かが始まりそうな予感


すごくない人も、あなたを見ていて、例えばあなたが愚痴や文句を言おうものなら、それを告げ口するかもしれないので注意が必要です。

なんだか注意ばかりと思うかもしれませんが、運気に大きな動きがあって、人によっては新しいビジネスが始まりそうな時期でもあります。

なのでなおさら、丁寧に過ごしてほしい、そんな時期なのです。

10月の恋愛運と金運は?


出会い運はありますが、将来につながるかどうかは、よくよくチェックしてほしいと思います。

例えば出会った時間帯が夜であったり、昼間に会えないような人は、秘密があって深い付き合いになってから秘密に気づき、悩みの種になる、といったことがありそうです。

笑顔の明るい人か、というのも大切な判断基準です。

また、恋人や夫がいる人は、秘密を作らないように注意してください。

バレるともめごとになりそうです。

金運ですが、あやしいビジネスや、大安売りの商品などには手を出さないほうがよさそう。

後悔しすうなので、気をつけて。

10月のラッキーアイテムはこれ!


ラッキーカラーは、シルバーとホワイト。なんだかずいぶんと明るい組み合わせですが、今月は暗さがアンラッキーを呼ぶので、せめて顔まわりに使って、ダークパワーを払いのけましょう。

ラッキーパーソンは、オジサン。飲み屋などではちょっとだらしない印象なのに、じつは会社経営者など社会的立場のしっかりした人ならなおさら、思いがけないアドバイスをくれそうです。素直に聞いてください。

ラッキーフードは、梨のジュース。クールダウンして冷静な思考回路をキープしてください。

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは


七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。

※全体の運勢を知りたい人はこちら( https://otonasalone.jp/83726/ )

(イラスト オオスギトモコ)

あなたにおすすめ