【九星フラワー占い】五黄土星の10月の運勢は「フワフワと宙に浮く」

OTONA SALONE

2018/10/6 00:04



社会的に力のあり、人の上に立つ男性の動きが特に注目されそうな今月。彼ら自身の目が冴えている時期でもあり、隠れた能力や功績が彼らによって見出される、なんてこともありそう。ふーん、誰の能力?と思っていませんか。もしかしたらアナタかもしれません!

※五黄土星の生まれ年は1959年、1968年、1977年、1986年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

ソワソワ&フワフワで宙に浮かんでいるよう


10月に入ると9月以上に、五黄土星さんは気分も体もなんとなく軽やかに感じられ、活動的になってくるでしょう。

やりたいこと、会いたい人、行ってみたい場所などが次々に思い浮かび、また誘いもおおくなります。ワクワク・ソワソワ・フワフワといった状態になりそうです。

ところが予定が近づくと、急にキャンセルせざるを得なくなったりキャンセルされたり。

やってみたり、行ってみたりすると期待していたほどではなっかたり、トラブルが起きたりと、がっかりすることが多そうです。

いつもは人を振り回す側の人


頼んでもなかなか動いてくれない人もいるでしょうし、社会的ステイタスのある❝スゴイ男❞(こちらを参照( https://otonasalone.jp/83726/ ))にも、ただ振り回されるということになるかも。

五黄土星はどちらかというと振り回す側なので、調子が乱だされそうです。

けれども、ただ運が悪いとあきらめてはいけません。

そもそもフワフワしていて、目的や目標が意識されていないから、実現しにくいわけで。

ソワソワしているせいでトラブルに巻き込まれたり、周囲の人が真剣に取りあってくれない、ということになりがちなのです。

念力の強さを思い出して!


ですから、うまく行かなかったことこそ、地に足をつけて真剣に取り組めば大逆転の可能性を含んでいます。

本当にやりたいことは何か、行きたい場所とは、会いたい人はどんな人か、考えてみてください。

自分に必要だと強く思うと、それが手に入る。

五黄土星にはそんな運と言うか念の強さがあるので、この10月は自分の本当の願いについて考えてみるのがいいでしょう。

10月の恋愛運と金運は?


この人こそ理想の人! というような人がフッとあらわれるかもしれません。

けれども、その彼に恋人や奥さんがいてがっかり。

あるいは、食事に行ってみたら思っていたより素敵じゃなかった、なんてことがあるかもしれません。

奥さんがいる人を略奪することはおすすめできませんが、素敵じゃないとさっさと見切りをつけるのも賛成できません。

もし好意を示してくれたら、もう少し中身を観察してみてはいかがでしょうか。

金運も同様です。一見いいと思ったものがそうではなかったというオチがつきそう。

だまされたり盗まれたりする恐れもあるので、注意してください。

10月のラッキーアイテムはこれ!


ラッキーカラーはグリーンとアイボリー。気持ちを落ち着けて勇み足になるのを防いでくれます。

ラッキーパーソンは背が高く、足の長い人。さっそうと歩く姿に、「積極的に行動することをあきらめない」勇気をもらえるでしょう。

ラッキーフードは、とろろそば。ストレスを受けた胃腸をやさしく労わってくれます。

蓮の花が象徴する五黄土星の魅力とは


五黄土星は、9つの星のなかでもっとも運が強いと言われています。その力の源は、良い物・美しい物だけでなく、悪と言われる物、汚れた物さえも受け入れる度量、器の大きさによるものです。暗くて、その中に何が含まれているのか見ることもできない泥沼、けっして美しくはないその場所に咲く美しい蓮は、とても五黄土星的な花だと言えます。五黄は決して愛想はよくないけれど、仲良くなってみると愛情深く、生まれながらの姉御肌でもあります。仏教で蓮は知性や慈悲の象徴とされ、その花言葉は「清らかな心」、「雄弁」です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら( https://otonasalone.jp/83726/ )

(イラスト オオスギトモコ)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ