【九星フラワー占い】一白水星の10月の運勢は「恐れずに、自分を信じる」

OTONA SALONE

2018/10/6 00:08



社会的に力のあり、人の上に立つ男性の動きが特に注目されそうな今月。彼ら自身の目が冴えている時期でもあり、隠れた能力や功績が彼らによって見出される、なんてこともありそう。ふーん、誰の能力?と思っていませんか。もしかしたらアナタかもしれません!

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

目の前にお皿に乗ったチャンスが!


コツコツ努力型で、裏方でいることも嫌いではない、いえ「むしろ好き!」という人も多い一白水星。

ところが今月は、バーンと表に立たされたうえ、まぶしいほどのスポットライトに照らし出されます。

「こ、こわい……」なんて言っている場合ではありません。

今月は今年のハイライトともいうべき月。回転寿司のようにすべての星の前を通るチャンスの皿が、今一白水星の前を通ろうとしています。手を伸ばさないのは少々もったいないですね。

一度、評価を受けそこなったことが開運のカギ


しかもそのチャンスは総体運(→参照はこちら( https://otonasalone.jp/83726/ ))でもお話しした❝スゴイ男❞の計らいかもしれません。もしかしたら、❝スゴイ男❞の視線を独り占めするチャンスになるのかもしれません。

これはあなたが裏方として積み重ねてきた結果であったり、あなたの能力や誠実さなどがあってこそです。

とくに、一度評価を受けそこなったこと、ということも考えられます。

ですから遠慮は必要ありません。

いつでも行けるようにスタンバって


ただし気をつけたいのは、スポットライトがいつ降ってくるかわからないので、つねに準備をしていてほしいものです。

おしゃれに気をつかい、これまで続けてきたことを途切れさせないこと。

そしてもう1点。スポットライトを浴びたあなたに嫉妬心を抱く人がいるかもしれません。

ジェラシーの炎が襲いかかってくるかもしれないのですが、上司や師匠と呼べるような人、そう❝スゴイ男❞などにそっと相談すると助けてくれそうです。

根回しはあくまでこっそり、慎重に。

10月の恋愛運と金運は?


恋愛運は、やはりチャンスの時期です。ハイレベルな男性の目に止まりそう。また、腐れ縁の相手がいれば、別れを決断することになるかもしれません。

金運も、収入アップのチャンスがありそうです。もしアップしたら、日頃お世話になっている人にちょっとしたお礼をしましょう。

10月のラッキーアイテムはこれ!


ラッキーカラーはワインレッドとグリーンです。人前に出る時、勝負の時はワインレッドをチョイス! 嫉妬による攻撃から身を守りたい時はグリーンを使うといいでしょう。

ラッキーパーソンは、まさに❝スゴイ男❞です。高い役職にある上司や、師匠、あるいは会社を経営する男性。

身近なところでは父親や夫が開運のキーを握っているかもしれません。丁寧に接してください。

ラッキーフードは、蟹! ちょっと高い食材ですが躊躇せずに。あなたを高みに導いてくれる開運パワーを秘めています。

水仙の花が象徴する一白水星の魅力とは


「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。

★全体運を知りたい人はこちら( https://otonasalone.jp/83726/ )

(イラスト オオスキトモオコ)

あなたにおすすめ