『ピーマン』が苦手な子も好きになる!?~食材攻略レシピVOL.2~

子供が苦手な食材攻略レシピ
苦みや青臭さがあり、どうしても好きになれない野菜といえば、かならず思いつくのが『ピーマン』。栄養面から考えると子供には食べさせたいと思っているパパ・ママも多いのでは?

甘味、塩味、うま味の3つを好む子供にとって、酸味や苦みは本能的に苦手になりやすいもの。でも、味付けや調理方法に一工夫して抵抗なく食べてくれるようになったら嬉しいですよね。

子供はなぜピーマンが苦手なの?


子供がピーマンを嫌いな理由のひとつが、あの“苦味”。大人からすると「あの苦味がいいんだよ~」なんて思うかもしれませんが、子供にとっては最大の苦手要素なのです。ですが、そもそもなぜ子供は苦味が苦手なのでしょうか。

人間の舌には甘味・塩味・酸味・苦味・うま味の5つの味覚がそなわっています。そのうちエネルギー源となる炭水化物や脂質は“甘味”、ミネラル分は“塩味”、身体をつくるタンパク質は“うま味”として認識されます。

ところが、苦味や酸味は“毒物や腐敗物の味”として認識され、子供は本能的にこれらの味を避けてしまうのです。

そのため苦い野菜の代表格であるピーマンも、子供は本能的に危険な食材として察知しているのかもしれませんね。

こうした理由もあって子供から嫌われがちなピーマンですが、栄養価は抜群。ビタミンA、C、Eが豊富で、特にビタミンCはレモンの約2倍、トマトの約5倍ともいわれています。

できれば子供に好きになってほしい食材ですよね。

ピーマン嫌いを克服する調理方法


ピーマン嫌いを克服するには、苦手要素であるピーマンの“苦味”を抑えるのがポイント。下ごしらえや調理時に一工夫することで、その苦味が対策できます。
ピーマンを下ごしらえするときのコツ
ピーマンの種やワタは苦み成分が強いため、ていねいに取り除いてから調理をします。青臭さは繊維にそって縦に切ることで抑えることができますので、切り方にも少し工夫をしてみるとよいですね。

また、ピーマンは茹でることでも苦みを軽減できますが、茹でたあとに冷凍保存すると、さらに青臭さや苦みを抑えられるうえに、解凍後はやわらかくなって食べやすさもアップします。

ピーマンを茹でたあとは、完全に冷ましてキッチンペーパーでしっかりと水気をふきとりましょう。冷凍用保存袋に入れて平らにならし、空気を抜きながら密封。冷凍庫で保存し、2週間程度で使いきるとよいでしょう。
油がピーマンの苦味を抑える!
ピーマンの苦み成分は油に溶ける性質がありますので、油で炒めたり、フライにしたりすることで苦みを抑えることができます。

油で調理するとビタミンAの吸収率もアップするので、栄養面からも考えても油を使った料理に適しているでしょう。

子供がピーマン好きになるおすすめレシピ


ピーマンの苦み対策をしたうえで子供好みの調理をすれば、きっと好きな野菜に変身してくれるはずです。ハンバーグやカレーなど子供の大好きなレシピをアレンジしてみるのもよいですね。

簡単にアレンジできて忙しいママにもおすすめの、ピーマンを使ったレシピをご紹介します。
苦味ナシ!ピーマンたっぷりハンバーグ子供が苦手な食材攻略レシピ
出典:楽天レシピ@ちゅろす1972

ピーマンの緑色をみると手をつけなくなる“食わず嫌い”の子には、細かく刻んで子供の好きなハンバーグにしてしまいましょう。

作り方は通常のハンバーグと同じですが、ハンバーグのタネにたっぷりのピーマンと合わせて、刻んだ大葉を混ぜ込むのがポイント。サッパリとして食べやすくなります。

詳しい作り方はこちら
ピーマン嫌い克服!カレーピーマン天子供が苦手な食材攻略レシピ
出典:楽天レシピ@ぺるく~ろ

食べやすいサイズに切ったピーマンを子供好みに味付けしてカリっと揚げるだけ。

ピーマンを油で揚げれば苦味が抑えられるうえ、子供の大好きなカレーやチーズの味でマスキングしてしまえばおいしく食べられるはず。ピーマンは縦切りで細めに切るとよいでしょう。

詳しい作り方はこちら
野菜嫌いの子供に!野菜バナナジュース☆ 子供が苦手な食材攻略レシピ
出典:楽天レシピ@yooou.t

甘いバナナや豆乳と合わせてミキサーで混ぜるだけの、手軽に作れる野菜ジュース!

バナナの甘さでごくごく飲んでくれそうです。使用する豆乳は、飲みやすい味付けの調整豆乳がおすすめ。牛乳でも良いでしょう。

詳しい作り方はこちら

苦手な食材常連のピーマンですが、調理法を工夫したり、子供が好きな食材と組み合わせたりすることで驚くほど食べやすくなるはず。子供がおいしそうに食べてくれたら、料理を作ったパパ・ママも嬉しくなりますね。

ぜひいつもの調理法を見直して、試してみてくださいね。

TOP PHOTO/doddis77/Shutterstock参照/ 農薬工業会「野菜嫌いの子供……、その原因と理由とは?」VEGE DAY「野菜嫌いを克服!子どものピーマン嫌いは、保存&調理法で工夫」ハウス食品株式会社「食材を知っておいしく調理!」もっと野菜を。もっと食卓に。「ピーマンの基本情報」

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ