ガンコな肩こりにはコレ!簡単ストレッチ&エクササイズで根本解決を目指す

美LAB.

2018/10/5 20:50

ガンコな肩こりにはコレ!~簡単なストレッチとエクササイズで根本解決を目指しましょう~
みなさん、こんにちは!姿勢改善×ボディメイクのプロの谷俊治です。普段PCをよく使う方は特に多いかと思いますが、スマホを手放せない現代、多くの方が慢性的な肩こりを感じているのではないでしょうか?今回はスマホ病とも言われ、頭痛まで引き起こす"肩こり"の解消法について書いていきます。

◆肩こりの原因は?
もちろん色々な原因はありますが、結局のところは筋肉の張りによる血流の悪化と、筋肉の疲れによって引き起こされる事がほとんどです!その2つの原因を引き起こす原因が様々ある、ということですね。

ストレートネックや巻き肩・猫背といった"不良姿勢"から筋肉が頑張り過ぎてしまい、結果として凝り固まってくる→血流が悪化するというのが"肩こり"が起こる流れになる事が多いです。

これは、ケータイやPCの画面を見続けるので下を向く事が多いという事や、腕が前にある状態でいる事が多いという事から起因します。さらに、便利になった現代では"筋力低下"が顕著です。適切な基礎筋力をつける事で、姿勢を正すことができ、予防に繋がります!

他には、画面を見ることによる"視神経"からの疲労があります。ブルーライトや画面の細かい文字を見続ける事により疲労する。またはずっと同じ距離の画面を見続けることによって、眼球に付随する筋肉が凝っていくいう事も考えられます。
肩こり
◆解決法は?
解決法は、ストレッチとエクササイズが効果的です!首~肩にかけてのストレッチと、姿勢を整えるためのストレッチとエクササイズとを組み合わせて行うことで、少しずつ軽減させ良い状態を定着させることが期待できます。
◆ストレッチ1~首まわり~
ストレッチ,首
ストレッチ,首
ストレッチ,首
ストレッチ,首
◆ストレッチ2~胸まわり~
ストレッチ,胸
ストレッチ,胸
ストレッチ,胸
ストレッチ,胸
◆エクササイズ1~首の後ろ~
このエクササイズは、首の後ろの筋肉を緩めアゴが上がるのを改善する効果を持ちます。

【やり方】
1. 仰向けに寝る
2. アゴを少し引きながら頭を床に押し込む
3. 押し込んだまま6秒ほど力を入れ続ける
4. 力を抜いて、再度頭を床に向かって押し込む

これを5回程度行いましょう。それだけでも首の筋肉の緩みを感じられると思います。

また、力を入れている時は胸が持ち上がるようになりますが、それで大丈夫です!首の裏から背中あたりをちゃんと使えるようにするエクササイズとなります。ポールに乗らなくても大丈夫ですが、ポールに乗って行った方が姿勢改善→肩こり解消の効果は高まります。
エクササイズ,首
◆エクササイズ2~呼吸~
この場合の呼吸の目的は、"胸郭(肋骨周り)を緩める"ことと"深層にある筋肉を活性化する"ことです。

【やり方】
1. 仰向けに寝る(腰の部分に手のひら一枚分の隙間を空けて)
2. 思いっきり息を吸う(胸に息を入れる胸式呼吸)
3. 10~15秒程度かけてゆーっくり息を吐いていく(肋骨が閉まり、腹部がへこんでいき、吐き切った時に下腹部に力感を感じる)

これも5回程度繰り返し行いましょう!そして、常に1の姿勢をキープしたまま行えることが大切です。
◆さいごに
身体の調子を根本から整えるためには、数ヶ月を要します。しかし、対症療法的にその都度ケアをしてくことで、結果として徐々に根本解決に近づくことができます!ぜひ自分の身体と相談しながら続けていってみてください。
Photo by fotolia

あなたにおすすめ