戸田恵梨香、恋人・ムロツヨシに爆笑「どうやって好きになったらいい?」

クランクイン!

2018/10/5 21:07

 女優の戸田恵梨香が5日、主演ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』の特別試写会およびトークショーに出席。相手役のムロツヨシについて、大笑いしながら「どうやって好きになったらいいんだろ」とコメントして盛り上げた。

【写真】『大恋愛~僕を忘れる君と』特別試写会&トークショーフォトギャラリー

本作は、結婚を控えるも、若年性アルツハイマーに侵される産婦人科医・北澤尚(戸田)と元小説家の間宮真司(ムロ)の10年にわたる純愛を描く物語。イベントには草刈民代、松岡昌宏、脚本の大石静氏も出席した。

ムロとの共演について問われた戸田は、それまでの役に対する真剣な面持ちから一転、笑い声を漏らして「なんか…どうやって好きになったらいいんだろ。(他のドラマで)そんなこと考えたことなかったんですよ。ちょっと心配。今日も勢いに乗り過ぎて目ん玉出てるし」とコメント。

一方、本格恋愛ドラマに初出演のムロは「こういう舞台挨拶はいつも、もっと楽しくふざけたいと思うけど、今回のドラマはそういうジャンルじゃない。一切ふざけない!」と言いながら前へ歩み出し、「スタイリストも、恋愛ドラマということで気合いを入れて、(スーツを)セットアップで持ってきてくれた。けどちょっとサイズを間違えて、腕がね」と手の甲が隠れるほど腕部の長いジャケットをアピール。

さらに戸田について「何言っても笑ってくれます。笑い声のトーンがいいんですね。自分がスゴい面白い人だと勘違いできる」と笑顔。「ちょっとした成功体験を毎日させてもらっているので、この体験が自信となり、堂々していられる部分が増えていく。コイツァはいい女!」とベタ褒めし、最終回のころには「自分じゃないかもしれない」とまで言って会場を何度も爆笑させていた。

北澤の元婚約者にして、精神科医の井原侑市を演じる松岡は、同役について「ドライに振る舞っているけど血の通った人間。経験したことがない役柄なので、全く違う角度からアプローチしています」とコメント。隣の大石氏から「フラれたことないでしょ」と突っ掛かられると「ありますよ、死ぬほど。星の数だけフラれている」と笑ってみせた。

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』は、TBS系列にて10月12日22時より放送スタート(初回15分拡大)。

あなたにおすすめ