納豆はダイエットの強い味方。注目の3つの栄養素

マイロハス

2018/10/5 20:00

白米と納豆
image via shutterstock

日本人が昔から食べてきた健康食品、納豆。正直、最初に納豆を食べた人の勇気は計り知れません。だって大豆が発酵したもの……あの独特な味わいは、好き嫌いが分かれますよね。

しかし、この「納豆」は今やスーパーフードとして期待されているんです。

納豆はダイエットの強い味方

体重を気にするダイエット中の女性
image via shutterstock

納豆は健康にいいというだけでなく、ダイエットに効果的な栄養素がたくさん含まれています。その中でもとくに注目したいのは、次の3つの栄養素です。

「ナットウキナーゼ」でやせやすい体質へ

納豆と箸
image via shutterstock

納豆といえば、あのネバネバ感。ナットウキナーゼは、そのネバネバの成分であり、たんぱく質分解酵素です。この成分は、血液の流れをよくすると考えられています。

血流が良くなると、体の隅々まで栄養分が行き渡るので代謝の向上に繋がり、やせやすい体質づくりに役立つでしょう。(「Diet Plus」より引用)

ダイエットに何度挑戦してもうまくいかない……と感じている人は、まずはやせやすい体づくりを内側からはじめてみてはいかがでしょうか?

納豆は、その第一歩として手軽に口にできる食材です。

「大豆サポニン」のアンチエイジング効果に期待

お腹をさわる女性
image via shutterstock

また、納豆には渋みや苦みの元なる「大豆サポニン」という成分が含まれています。この成分は、近年健康への期待が高まっている栄養素と言われているそう。

脂肪やコレステロールの増加を抑えて太りにくい体づくりをサポートしたり、老化の原因となる活性酵素の増加を防いでアンチエイジングに役立つほか、腸の運動を活発にさせる働きも期待されています。(「Diet Plus」より引用)

女性なら、すぐにでも食べたくなるほどの効果が期待できそうな「大豆サポニン」。納豆パワー恐るべし。

更年期やPMS対策、美肌作りもサポートする「イソフラボン」

スキンケア中に、鏡を見て微笑む女性
image via shutterstock

言わずと知れた、女性ホルモンと似た働きをすると言われているイソフラボン。これは、納豆の原材料である大豆に多く含まれています。

女性特有の悩みにアプローチするイソフラボンの注目度は、高まっています。

具体的には、更年期に起こりやすい症状の緩和・改善、PMS(月経前症候群)の緩和、生理不順改善美肌効果骨粗鬆症予防育毛効果などに期待が集まっています。 (「Diet Plus」より引用)

納豆に含まれる栄養素を知ると、毎日でも食べたくなってきました。

よくかき混ぜてネバネバをしっかり出すことが、納豆の栄養素を効果的に取り込めるそう。ネバネバパワーで体の中からやせやすいヘルシーボディを目指しましょう。

納豆ってすごいんです

「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

「納豆をよく食べる人は脳卒中による死亡リスクが低い」って本当? 手軽な菌活食材として世界的にも注目される、納豆の知られざるパワーをご紹介します。
https://www.mylohas.net/2018/05/166934natto.html

7月10日は納豆の日。納豆をもっと効果的に食べる5つの方法

7月10日は納豆の日。日本の食卓に定番の納豆はおいしさはもとより、今や世界でも健康効果が認められているほど多くの栄養素がぎゅっと詰まっています。今回...
https://www.mylohas.net/2018/07/170881july10_natto.html

[Diet Plus]

あなたにおすすめ