志尊淳、和久井映見ら3人の“おばさん”を翻弄!?『それでも恋する』

テレビドガッチ

2018/10/5 05:00

和久井映見が主演を務め、共に暮らす幼馴染役で西田尚美、木村多江が共演する『スペシャルドラマ それでも恋する』(CBC・TBS系)が10月6日(土)14時から放送される。

本作は、日曜劇場『この世界の片隅に』(TBS系)をはじめ、連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)や『最後から二番目の恋』(フジテレビ系)など人気作を手掛けてきた脚本家・岡田惠和によるオリジナルドラマ。煌きを求める“おばさん”たちを、時に可愛く、時に可笑しく、時にちょっぴりイタい会話で描く。

三重県の小さな入り江の港町で共同生活をおくる、同級生で幼馴染のトモ(和久井)、なつ(西田)、志保(木村)。みな40代独身で、性格はバラバラ。3人は地元の民芸品を製作して売ったり、昼時は古民家を改装した台所をカフェみたいにしたり、夜はスナックみたいにしたり、時には言い合いをしながらも、毎日同じような、それなりに穏やかな日々を過ごしていた。

しかし、ある日突然、静かなどこかあきらめたような女たちの暮らしが、突然やってきた一人旅風の若い男・空(志尊淳)によって激変。なんとも美しい顔に3人は心を打ち抜かれるが、空は笑顔のままばったりとその場に倒れてしまった。

空は、しばらく3人の家に居座ることになり、一気に華やぐ女たち。みんなに優しく、なんだか女の心が揺れてしまうような甘い言葉をかける空に、3人ともうっとり。やがて彼女たちの勘違いはエスカレート。3人はそれぞれ、なんとかして空と2人の時間をつくろうとしたり、お互いを探りあったりするが、ある夜、事件が起きる。

あなたにおすすめ