おのののか、小野賢章 田中大貴アナとバスケ新番組をスタート 意気込み十分

dwango.jp news

2018/10/5 20:13


新番組「BS12水曜バスケ!」の取材会が5日午後、BS12トゥエルビ本社で、おのののか、田中大貴(フリーアナウンサー)、小野賢章の3人を迎えて行われた。

学生時代はバスケ部で汗を流し、前日に開催されたB1リーグ開幕戦『川崎VS千葉』も急遽会場で観戦したというほどのバスケファンであるおのは「バスケットボールにかかわれる仕事をいただけてすごくうれしい。この番組をきっかけに、日本のバスケがもっともっと盛り上がるように頑張っていきたい」と話し、「練習風景も見学に行ってみたい。現場の生の感覚を味わって、それを視聴者にも伝えたい」と意気込み十分。



おのと一緒にMCを務める田中は、NBA初観戦から帰国したばかりということで興奮冷めやらぬ様子で「本場の空気とエンターテインメント性を感じた」とすっかりバスケモード。「春に独立してからスポーツ番組としては初めてのレギュラーの仕事。トゥエルビさんには足を向けて寝られないという想いと、人生のチャプター2のルーツになる番組になるはず」と主戦場での仕事に気合が入る。

さらにナレーションには、大人気アニメ『黒子のバスケ』で主人公・黒子テツヤ役を務めた人気声優・小野賢章。「“バスケ”と“おの”にはつくづく縁がある」と笑いつつ「中学時代はバスケ部で、親の影響で好きだった。Bリーグはいつか生で観たいなと思っていたタイミングだったので、ここからどんどん詳しくなって視聴者の皆さんと盛り上がっていきたい」と抱負を語った。

田中は「会場に足を運んでもらうことが一番。番組によってバスケットボールの裾野を広げていきたい」と使命を担う一方、「大学時代の野球部の先輩であるジャイアンツの高橋由伸監督から電話をいただきまして、『俺も時間ができるからBリーグ観に行こうかな』と言っていたので、必ずBリーグを観に行っていだいてこの番組にも出ていただきます!会見で話していいと仰っていたので言いました!」と仰天エピソードで沸かせた。

バスケ初心者に向けて、おのが「この人!という選手を最初に見つけてファンになるのもいいかもしれないですね!」女性目線での楽しみ方を伝授すると、小野も「自分が住んでいる地域のチームを応援し始めるのが一番入りやすいと思う。会場のグルメも観戦しながら楽しんでもらえたら」とアピール。すると田中が「地元にチームはないんですが・・・兵庫県小野市の出身なんです」とまさかの告白をし、3人の“おの”つながりに会場は驚きと笑いに包まれた。

小野が声優を務めた『黒子のバスケ』では作者曰く「人ができるギリギリのラインを攻めている」というスーパープレーが飛びだすとのことで、田中から「ぜひロケに行ってきてください」と小野に無茶ぶり!小野は「じゃあ僕が実際にできるかチャレンジしてきます!」と“小野のバスケ”のチャレンジを誓った。

番組は10月10日(水)19時から。

(C)BS12 トゥエルビ

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ