疲れ・イライラ・不調に「チネイザンマッサージ」がおすすめ!

美beaute

2018/10/5 20:00


なんとなく不調...もほぐす「チネイザンマッサージ」とは?



チネイザンマッサージとは?期待できる効果・やり方についてご紹介

チネイザンとは古代道教に伝わる伝統療法の一つで腹部を中心にじっくりとマッサージしていきます。内臓部分には怒りや不安、恐怖といった負の感情が蓄積しやすいためお腹周りに手指を差し込み、優しくほぐしてあげることでまるで生まれ変わったかのように心地よい爽快感を感じることができるんだとか。

特に肋骨周りの内臓は固くなりやすく、そのまま放置してしまうと基礎代謝が下がり何をやっても疲れたり、痩せにくい体質になってしまいます。食事や運動など生活習慣に気をつけていてもなかなか不調が改善されない…と言う方はチネイザンマッサージでお腹周りをほぐし、健康的な美ボディを手に入れていきましょう。チネイザンマッサージは次のような効果が期待できます。

【チネイザンマッサージに期待できる美容効果】
・生理痛やPMS、更年期障害の改善
・心身のストレスの緩和
・気力や集中力の向上
・不眠の解消
・お通じの改善(便秘、下痢など)
・むくみや冷え性の緩和
・疲れやすさ、だるさの軽減

ゆったり自宅でリラックス!「チネイザンマッサージ」のやり方



チネイザンマッサージとは?期待できる効果・やり方についてご紹介

それでは早速、チネイザンマッサージのやり方についてご紹介します。仰向けのまま実践できるのでリラックスしたい就寝前にもおすすめです。

【チネイザンマッサージのやり方】
1.床もしくはヨガマットの上に仰向けになります。(足が痛い場合は足を曲げてOKです。)
2.みぞおちの中心に両手を添え、鼻から大きく息を吸い吐きながら両手の4本指をみぞおちに差し込んでいきます。
3.指の圧は変えないままもう一度鼻から大きく息を吸い、吐いていきます。
4.息を吐き終わったら指でみぞおち部分をくるくると円を描くようにマッサージし、パッと引き離します。
5.右の肋骨の下に両手を添え、鼻から大きく息を吸い、吐きながら両手の4本指を肋骨の下に差し込んでいきます。
6.指の圧は変えないままもう一度鼻から大きく息を吸い、吐いていきます。
7.息を吐き終わったら指で肋骨の下をくるくると円を描くようにマッサージし、パッと引き離します。
8.左側の肋骨も5~7と同様に行いましょう。
9.みぞおちに親指を立てて差し込み、円を描くようにマッサージしましょう。
10.最後に肋骨の下部分を右から左へゆっくりとスライドしながらくるくると円を描くようにマッサージして完成です。

いかがでしたか?チネイザンマッサージは続ける毎に内側から変化していくと言われていますので、心身の不調に悩んでいる女性は是非一度お試しくださいね。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ