廣瀬智紀&川栄李奈W主演作、舞台『カレフォン』開幕! 胸キュンシーン満載ながら「人間ドラマもある」

SPICE

2018/10/5 19:00


鈴木おさむが作・演出と担当し、歌手の大塚愛が主題歌を書き下ろし、廣瀬智紀と川栄李奈がW主演を務める舞台『カレフォン』が開幕した。公演初日となる10月4日(水)にはゲネプロと囲み取材が行われ、廣瀬と川栄をはじめ、戸塚純貴、柳美稀、山崎樹範、鈴木おさむが登壇した。

本作は、何をやってもうまくいかない日々を過ごす派遣OL・茜の前にスマホを通して死んでしまった元カレが現れる、ラブファンタジー。死んでしまった元カレ・藤原駿を廣瀬が、生きる実感をなくして日々を漫然と過ごす結城茜を川栄が演じる。
川栄李奈、廣瀬智紀
川栄李奈、廣瀬智紀

開幕を直前に控えた囲み取材で、廣瀬は「一ヶ月、みっちり稽古してきて、そこで作った世界観をどれだけ届けられるかと、ワクワクとドキドキでいっぱいです」と挨拶。一方、川栄は「出演者が5人しかいない作品なので、みんなで意見を言い合ったりして、和気あいあいと団結して稽古できました。そんな空気もお客さんに伝わればいいなと思います」と笑顔で語った。
『カレフォン』
『カレフォン』

また、戸塚は「この5人にしかできないもの、5人だからできるものになっていると思います」、柳は「(この作品が)初舞台なので、思考回路が停止するほど緊張していますが、自分の出せるものを出して頑張りたい」と意気込む。そんな柳の言葉を聞いた山崎は、「柳さんは初舞台だとおっしゃってますが、僕は今年だけでも5本目。多少の温度差があります」と苦笑いで明かして会場を笑わせた。

作・演出の鈴木は、「女性が見て絶対に泣けるラブストーリーを作ろうと思った作品です。リハで女性スタッフが爆泣きしているのを見て、いけるんじゃないかなと感じました」と胸を張る。そして、鈴木は「一ヶ月稽古をしてきて、川栄さんの心の中におじさんが住んでいるのがわかったので、(本番では)それを捨てて、思いっきり恋愛をしていただけたら舞台も成功すると思います」と川栄にプレッシャーをかけるが、川栄は「(本作の出演者は)男性が女性っぽくて、女性が男っぽいのでバランスがいいと思います」とあっけらかんとした様子。
『カレフォン』
『カレフォン』

その後に、話が使い古したスマホをどうするかという話題になると、川栄と柳が「捨てる」と言ったのに対し、鈴木を始め、山崎、廣瀬、戸塚はいずれも「取っておく」と言い、川栄が言った通り、女性陣の方がサバサバした性格であることが明らかになった。
『カレフォン』
『カレフォン』

さらに、本作の主題歌を大塚 愛に依頼した経緯について聞かれた鈴木は「大塚さんの『プラネタリウム』という楽曲のような、少女漫画っぽい世界観のある舞台になればいいなと思ってたので」オファーしたと話し、「お母さんになられた大塚さんが書く“少女の世界”ってどんなだろうって思って。(本作の主題歌である「Dear,you」は)素晴らしくて、聞いただけで泣いてしまいます」と絶賛した。
『カレフォン』
『カレフォン』

最後に廣瀬は、「ラブファンタジーではありますが、人間ドラマもあります。(登場人物の)生き方が妙にリアルなので、どなたかに感情移入できると思うので、(この作品を見ることで)何かに気づいて一歩前に進んでもらえればいいなと思います」とアピールして締めくくった。
『カレフォン』会見
『カレフォン』会見

取材・文・撮影=嶋田真己

あなたにおすすめ