小川絵梨子芸術監督の新国立劇場、新シーズンはカミュの『誤解』で幕開け

エンタステージ

2018/10/5 18:11


010460.jpg

2018年10月4日(木)に『誤解』が東京・新国立劇場 小劇場にて開幕した。本作は、フランスの劇作家・作家のアルベール・カミュの作品。2018/2019シーズンから就任した小川絵梨子芸術監督シーズンを、文学座の稲葉賀恵を演出に迎えスタートする。出演は、原田美枝子、小島聖、水橋研二、深谷美歩、小林勝也。

【あらすじ】
ヨーロッパの田舎の小さなホテルを営むマルタとその母親。今の生活に辟易としているマルタは太陽と海に囲まれた国での生活を夢見て、その資金を手に入れるため、母親と共犯してホテルにやってくる客を殺し、金品を奪っていた。そこに現れる絶好の的である男性客。いつも通り殺人計画を推し進めるマルタと母親だが、しかし、彼には秘密があったのだった・・・。

『誤解(The Misunderstanding)』は、10月21日(日)まで東京・新国立劇場 小劇場にて上演。

『誤解』舞台写真_2

(写真/引地信彦)



あなたにおすすめ