【モテ速つまみ】1分で出せる!「パンとトマト」のボリュームつまみ

OTONA SALONE

2018/10/5 17:00



皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。

さて連載48回目となる今日は『こころをつかむパン・コン・トマテ』と題しまして、小腹の空いた男性のこころと胃袋をぎゅっとつかむ簡単絶品なモテバル料理紹介します。

バゲットとトマトとオリーブオイルさえあれば。


パン・コン・トマテは直訳すると『パンとトマト』 スペイン・カタルーニャ地方の名物料理です。『パンとトマト』と言う名の通りトーストしたパンにトマトをぬって仕上げるシンプルな料理で、バル、レストラン、家庭でとあらゆるところで日常的に食べられています。

そんなスペインの日常食を、お家でさっと作れたら素敵だとは思いませんか?    手の込んだ料理よりも、こういった料理をすぐに作ってくれる女性に男性は惹かれるものです。

いつものように作り方はとっても簡単。 でも美味しいパン・コン・トマテにするにはいくつかポイントがありますので、そこだけしっかりと抑えていきます。

では今回も作っていきましょう。



【材料】

バゲット                           1/2本

トマト                               1個

にんにく(お好みで)  1片

オリーブオイル                適量

塩                                         適量

【作り方】

①先ずはバゲットの切り方。普通にスライスするのではなく、筒切りにしたものを縦半分にカットします。



②次にトーストしていきます。写真のように表面に焼き色がつくまでしっかりトーストしてくださいね。



③焼き上がったパンの表面ににんにくをこすりつけて香りを付けます。ただ軽くこすっただけでかなりの風味が付きますので、そこはお好みで。 苦手な方はこの行程は省いてもらって大丈夫です。



④そして半割りにしたトマトをしっかりすり込みます。



表現はあまり良くないですが… パンの表面がグチャっとなるまでトマトをすり込むのが美味しさの秘密です。カリッと焼けた外側のバゲット部分と、トマトを吸って柔らかくなった表面のしっとり食感がたまりません。

仕上げにオリーブオイルをかけ、軽く塩を振り完成です。

さて皆さんどうでしたか? とっても簡単でしょ。

ただシンプルな料理だけに作り手の人柄が出るので注意してくださいね…(笑)

しっかりマスターして愛情込めて作ってあげてください。

ではまた次回。



vivo daily stand( http://www.vivo.tokyo/ )

フレンチデリとデイリーワインをメインに提供する一人でも気軽に使える地域密着型のバル。都内に20店舗以上展開しています!花本さんは中野本店でキッチンに立っていますから、レシピの質問も気軽にお店で花本さんに!

【花本朗さんの家バルつまみ、週1回金曜の夜に更新中!】

■花本さんの大人気5レシピ!

どうしてこのキャベツスープ、コンソメなしでこんなにおいしいの?( https://otonasalone.jp/46816/ )

「塩サバ」と絶品バターソース( https://otonasalone.jp/47569/ )

手作りマヨネーズと「ウフマヨ( https://otonasalone.jp/44155/ )」

本格「サーモンリエット」をサケ缶で( https://otonasalone.jp/53145/ )

手間なし「ポテトグラタン」( https://otonasalone.jp/45676/ )

■婚活ご飯

小腹の空いた男性に、「パン・コン・トマテ」をさっと出して胃袋を鷲掴み!( https://otonasalone.jp/83724 )

■ひとさらたっぷり系

お店みたいな「バターライス」( https://otonasalone.jp/52336/ )

プロの「クロックムッシュ」( https://otonasalone.jp/54008/ )

「牡蠣とほうれん草のグラタン」( https://otonasalone.jp/54695/ )

シンプル絶品ジャーマンポテト( https://otonasalone.jp/64530/ )

■肉、お魚、卵系

簡単「牛肉の黒ビール煮込み」( https://otonasalone.jp/51689/ )

「豚肉+ツナソース」完全に外国なレシピでビール進みすぎ!( https://otonasalone.jp/59445/ )

豚こま肉のドライトマトマリネ( https://otonasalone.jp/60330/ )

揚げずに簡単フライ風!「鶏肉のディアボロ」が悪魔な理由( https://otonasalone.jp/63756/ )

アサリとセロリのワイン蒸し( https://otonasalone.jp/65374/ )

スモークサーモンのタルタル( https://otonasalone.jp/66963/ )

牛肉100%ハンバーグ( https://otonasalone.jp/67865/ )

スクランブルエッグ( https://otonasalone.jp/68822/ )

ふわとろ!驚きのオムレツ( https://otonasalone.jp/69780/ )

エビとアスパラガスのミモザサラダ( https://otonasalone.jp/70695/ )

鶏肉のレモンマリネ( https://otonasalone.jp/75240/ )

絶品夏カレー( https://otonasalone.jp/76723/ )

鳥胸肉の焼き方( https://otonasalone.jp/77755/ )

タコのガリシア風( https://otonasalone.jp/81274/ )

■サラダつまみ

クスクスで「ホタルイカのタブレ」( https://otonasalone.jp/61221/ )

「ポテサラ」にこれを入れるだけでお店の味に( https://otonasalone.jp/44807/ )

秘密の「オリーブマリネ」( https://otonasalone.jp/46392/ )

すっぱすぎない「野菜ピクルス」( https://otonasalone.jp/50726/ )

とろ~りヘルシーなチーズのサラダ。秘密のコレを使う( https://otonasalone.jp/58478/ )

糖質制限中もOK、にんにくなくても美味しい「フムス」のレシピ( https://otonasalone.jp/63048/ )

お店で食べるようなオシャレな「リヨン風サラダ」を簡単に( https://otonasalone.jp/71815/ )

特別な食材は使わない。フランスの定番デリ「キャロットラペ」( https://otonasalone.jp/72811/ )

「キュウリのヨーグルトサラダ」こそシェフが考えるキュウリ最強の食べ方である理由( https://otonasalone.jp/76103/ )

■野菜系

どうしてこのキャベツスープ、コンソメなしでこんなにおいしいの?( https://otonasalone.jp/46816/ )

汁ほとばしる「きのこアヒージョ」( https://otonasalone.jp/48740/ )

春菊のアーリオオーリオ( https://otonasalone.jp/48497/ )

春キャベツとハムのサラダ( https://otonasalone.jp/62156/ )

面倒な日はコレ、長ネギをレンジに2分かけるだけ( https://otonasalone.jp/55403/ )

オニオングラタンスープの時短テク( https://otonasalone.jp/56111/ )

「きのこのクリーム煮」の秘密( https://otonasalone.jp/56896/ )

赤パプリカと塩だけでできてしまう絶品ピペラード( https://otonasalone.jp/66087 )

丸ごとトマトのマリネ( https://otonasalone.jp/74334 )

ナスのバルサミコマリネ( https://otonasalone.jp/78581 )

究極シンプルな焼きパプリカ( https://otonasalone.jp/79418/ )

にんじんのスープ、生クリームもブイヨンもなし( https://otonasalone.jp/82028 )

意外と知らない!じゃがいもの美味しい茹で方お教えします。( https://otonasalone.jp/82645/ )

■ワインのこと

僕なら手土産ワインはコレにする。お店でもガチ人気の1000円台赤&白( https://otonasalone.jp/49532/ )

あなたにおすすめ