豪雨や台風にそなえて… あなたの「防災力」をチェック!

TOKYO FM+

2018/10/5 17:10

防災士でもある古賀涼子アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「防災FRONT LINE」。9月22日(土)の放送では、「全国統一防災模試 台風・豪雨編」を紹介しました。


※写真はイメージです

西日本の広範囲を襲った「平成30年7月豪雨」や、関西国際空港が浸水した台風21号など、今年は豪雨・台風の大きな被害に直面することが多い年(でした、はカット)。そこで今回は、自分の防災力を確認できる「全国統一防災模試 台風・豪雨編」から、2問をご紹介。いざというとき、あなたの力になるかもしれません。

問題①
水深40cmで浸水した場合、一般的にドアにかかる重さはどれくらいでしょうか。

① 12kg
② 36 kg
③ 64 kg

正解は ③ 64 kg
雨水が流れ込みやすく浸水の危険性が高い地下室などでは、ドアが開かなくなる危険性が高くなるので注意しましょう。

問題②
風速30m/秒で飛ばされる可能性があるものを次の中からすべて選びなさい。
※実際にはサイト内に表示された風景画像を見て解答します。

・人
・電柱
・車
・木

正解は、全部!
風速およそ20m/秒で立っているのがつらくなり、25m/秒では屋根が飛ばされたり樹木や煙突が倒れたりすることも。30m/秒を超えると電柱が倒れたり、車や子どもが飛ばされたりしてしまいます。

いかがでしたか? いざというときに備え、台風や豪雨に関する避難の仕方、とってはいけない行動を見直してみましょう。

<番組概要>
番組名:防災FRONT LINE
放送日時:毎週土曜 8:55~9:00
パーソナリティ:古賀涼子
番組ホームページ: http://www.tfm.co.jp/bousai/

あなたにおすすめ