ゴムとピンだけ!大人におすすめのシニヨンヘア

All About

2018/10/5 16:45

衣装やアクセサリーは用意できたけど肝心の髪型が決まらないと、せっかくのコーディネートもいまいちな仕上がりに。

ゴムとピンだけでOK! ロープ編みで作るゆるふわシニヨンアレンジ

パーティーや女子会、結婚式などイベント事が増えてくる季節。衣装やアクセサリーは用意できても、肝心の髪型が決まらないと、せっかくのコーディネートも、いまいちピンとこない仕上がりになってしまいますね。そこで、ゴムとピン数本あれば簡単にできる、こなれパーティーアレンジをご紹介します。人気のロープ編みを使った大人シニヨンアレンジなので、ぜひトライしてみて下さい!

ベースのヘアスタイル

胸上のローレイヤースタイルです。中間~毛先を26mmのアイロンでランダムに巻いておくと、アレンジしやすいです。
胸上のローレイヤーロング

おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
毛量:やや少ない~多い
クセ:なし~あり

ヘアアレンジの方法・やり方

ザックリ分けとると良い
1. サイドのハチ下の髪を分けとります。

前下がりに斜めに分けとる
2. 1で分けとった髪を同じくらいの分量で前下がりに斜めに分けとります。斜めに分けたことで、スライス線が隠れます。この毛束で、ロープ編みをしていきます。

根元付近からキツめにねじる
3. AとBの毛束をリバース方向(後ろに向かって)3~4回転ねじります。根元付近からキツめにねじっていきましょう。

ねじりながら交差させる
4. 3同様にねじりながら、Bの毛束がAの毛束の上になるようにクロスさせます。Bの毛束を下に通してクロスさせると、ロープのような編み目が出てこなくなるので注意して下さい。

毛束の真ん中くらいまでねじり続ける
5. 3~4の工程を繰り返し毛束の真ん中くらいまでクロスさせながら、ねじり続けます。

編み目を根元からほぐす
6. 毛束の真ん中まで編んだら、いったん片方の手で毛束を持ち、根元の方から編み目をほぐしていきます。親指と人差し指で少しずつ束を引っ張ると、失敗しません。ほぐし終わったら毛先の方まで編んでいきましょう。

少しずつ引っ張ると良い
7. 毛先まで編み終えたら、6と同様に中間~毛先をほぐします。

ロープ編みの完成!
8. ほぐし終えたら、毛先をシリコンゴムで結びます。片サイドも同様にロープ編みをします。

残りの髪をきつめに結ぶ
9. 両サイドのハチ下の髪をロープ編みし終えたら、残りの髪をポニーテールの要領で下めの位置でシリコンゴムで結びます。キツめに結んでおくとスタイルの持ちが良くなります。

ロープ編みした毛束をゴムの結び目に巻き付ける
10. ロープ編みした毛束をポニーテールしたゴムの結び目に巻きつけます。ポニーテールの下側から巻きつけていくと、崩れにくくなります。

毛先まで巻きつけてアメピンで固定
11. 毛先まで巻きつけたら、アメピンで固定します。もし1本で留まらないようでしたら、数本使いしっかり固定してください。ここでは分かりやすいように金ピンを使用していますが、実際は髪色に近い暗めのものを使用しましょう。
逆サイドのロープ編みも巻きつけた状態
12. 逆サイドも10~11同様に巻きつけます。両サイドのロープ編みをポニーテールの結び目に巻きつけた状態。ゴムが隠れ、結び目がロープ状になり、おしゃれな仕上がりに!

毛束をゆるめにねじりながらおだんご状に
13. ポニーテールした毛束をゆるめにねじりながら、おだんご状にまとめます。おだんごの位置がセンターにくるように、まとめると良いです。

まとめた毛束をピンで固定
14.まとめた毛束を固定します。アメピンを数本使い、しっかりと固定すると良いです。おだんごの中心に押し込むようにピニングしましょう。

上手く仕上げるポイント

26mmのアイロンで表面の毛(ハチ上)を根元から巻いておくと、今っぽい、ラフでヌケ感のある仕上がりになります。厚めにスライスをとると、根元にウェーブがつかないので、薄めにとるとよいです。
結んだ際、表面にラフなうねりができておしゃれに仕上がる

バック&正面

hair&make WAKO(anti)
hair&make WAKO(anti)
(文:WAKO(ヘアアレンジガイド))

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ