千秋 阪神戦で「自分が来ると負ける」発言をする人は「来るなよ、勝ちたいんだから」

 タレントの千秋(46)が、5日放送のフジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に出演。許せない“決めつけトーク”について語った。

 出演者が話し合う「NONSTOP!サミット」のコーナー。「決めつけトーク…どこまで許せる?」のテーマでは、「私、雨女だから」「B型だから」といった決めつけトークにお笑いタレントのカンニング竹山(47)が「もう世の中で一番大っ嫌い。雨女とか雨男とか関係ない。ただ間をつなぐためだったら黙っとけ」と発言。

 フリーアナウンサーの大神いずみ(49)は血液型の決めつけに対し「基本的に気にしないけど、B型についてはみんなうるさい。ほっといてほしい。私はB型ですけど『やっぱりね』とか『ほらB型』とか言われる」と語り、出演者でB型が大神1人と知らされると「だから、なんか言ってもみんなよそよそしい」とコメント。

 スポーツの応援で「私が来ると負ける」という発言には、ジャーナリストの三木哲男氏(60)は「言わなくていいことを何で言うのか」、阪神ファンで知られる千秋は「阪神タイガースの試合に行って『自分が来ると負ける』とかいう人がいたら『来るなよ、勝ちたいんだから』って思う。自分が何回も行って負けると、気になって言わないでこっそり行かなくする」と語った。

 三上真奈アナウンサー(29)は「食事に行くと『食レポやってよ。上手いでしょ』と言われるのがすっごく嫌です」と言うと、設楽に「下手ですもんね」と突っ込まれ、スタジオは笑いに包まれていた。

あなたにおすすめ