レディー・ガガ、NY上映会にサプライズ登場 観客への挨拶で涙も

映画『アリー/スター誕生』(12月21日日本公開)で主人公アリーを演じるレディー・ガガ。彼女が現地時間3日に米ニューヨークで行われた特別上映会にサプライズ登場、多くのファンを喜ばせた。

『アリー/スター誕生』は歌手になる夢を追うアリーが世界的シンガーのジャクソンに見出され、葛藤を重ねながらスターダムを駆け上がっていく姿が描かれており、ブラッドリー・クーパーが監督とジャクソン役を務めた。

レディー・ガガにとって初の主演映画になった同作だが、上映会でYouTuberのタイラー・オークリーに紹介されると歓声が響く中、ガガは真っ赤なドレスにサングラスを合わせて登場した。

ガガは「みんな愛してるわ」「今夜、ここに来てくれて、心の底から感謝しているの」と観客に挨拶。さらに、「信じられる人がたった1人いればいい」「だから私の素晴らしい監督、ブラッドリー・クーパーに感謝を言いたいです。今こそ、ブラッドリーがあなたたち、そして世界にこの映画を届ける瞬間なのです。私はとても感謝しているの。人々が映画に感動してくれていることを本当に光栄に思う。だってそれが一番大切なことだから。あなたたちへの贈り物です。私たちは愛しています」と続けた。

そして、支え続けてくれたファンにも深く感謝し「長い間私をサポートしてくれているあなたたち一人ひとりのことを思っていないって言ったら嘘になる。あなたたちがいなければ、私はここにいることができなかった」と涙ながらに語り、「あなたたちはファイターよ。美しいの。私は愛しているわ」とも述べた。

アメリカでいよいよ10月5日に公開される『アリー/スター誕生』だが、日本公開時にもガガが来日してくれることを期待したい。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

あなたにおすすめ