『ソラノカナタ』ラスボスのモデルはあの有名悪役!?秘話を独占キャッチ!

Movie Walker

2018/10/5 13:30

今年5周年を迎える人気スマホアプリ「モンスターストライク」の世界観を基に、世界基準の壮大なスケールで描かれる3DCG長編アニメーション映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』がいよいよ本日5日から公開中だ。このたび、本作の“ラスボス”センジュの秘密が明らかになった。

本作の舞台は宙に浮いた“旧東京”と、地上に残った“新東京”の2つに分断された世界を。新東京に暮らす普通の高校生カナタが、旧東京からやってきた青い髪の少女ソラとともに世界を救うため、強大な敵に立ち向かっていく。主人公カナタの声を窪田正孝が、ソラの声を広瀬アリスがそれぞれ声優初挑戦とは思えない卓抜した表現力で演じきったことでも注目を集めている。

空中都市“旧東京”で人間への復讐を果たそうとする“解放戦線“のリーダーが、山寺宏一演じるセンジュ。仲間の死を目の当たりにした辛い過去から、命と引き換えに闇の力を手にし、歪んだ正義を振りかざすようになってしまうセンジュについて、本作を生み出したXFLAGの製作統括を務めた鈴木洋平はこう語る。

「センジュはカリスマ性がありながら孤独を抱え、独特の魅力に溢れている悪役キャラクターになりました。非道だけれど自分の哲学を持って行動する、例えば『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーのように、自身の信念やポリシーを持って行動する魅力的なキャラクターにしたかったのです」。

さらに鈴木はセンジュの守りつづける“信念”について「目的のためには手段を選ばない冷酷な人物として描かれるセンジュですが、そうした行動の裏には東京が浮いたことが関係しています」と語る。なぜセンジュは“悪”へと堕ちてしまうのか?劇場でその真相を知れば、圧倒的なカリスマ性を放つセンジュというキャラクターに共感し、そして魅了されること間違いなしだ!(Movie Walker・文/久保田 和馬)

https://news.walkerplus.com/article/164665/

あなたにおすすめ