ジョニー・デップ“DV否定”発言にアンバー・ハード側「事実ではない」

女優アンバー・ハード(32)と2017年に離婚した俳優ジョニー・デップ(55)が先日、『GQ』誌にドメスティック・バイオレンスの疑惑を改めて否定。これに対してアンバー側は、ジョニーのインタビュー記事について「事実ではない」と反論した。

ジョニー・デップとアンバー・ハードは2015年2月に結婚し、1年後の2016年5月にアンバーが離婚を申請。アンバーはジョニーからDVを受けていたと主張するも、ジョニーは否定し離婚騒動が泥沼化した。その後ジョニーは和解金700万ドル(約7億円)を支払い、アンバーはそれを小児病院とアメリカ自由人権協会(ACLU)の2団体に全額寄付して、2017年1月に離婚が成立している。とはいえジョニーは今年、結婚生活中にアンバーから暴力を受けたという書類をイギリスで提出し、まだ解決していない状況だ。

そして先日、ジョニーは『GQ』誌に、アンバーが2016年5月にiPhoneを投げられて目にアザができたと主張していた時のことについて「警察は彼女が怪我をしていないことを確認したんだ。現場に壊れたものもなければ、何かの跡もなかった。それで、彼女の検査のために救急救命士に診てもらうよう勧めてくれたよ。それでも彼女はノーって言ったんだ。次の日かその数日後に彼女にはアザができていた。赤いマークと茶色のアザがね」「25フィート(7.6メートル)も彼女から離れていたんだ。どうやって、僕が彼女を殴れるっていうんだ? 最後の最後までそんなことしないね。僕はバカな奴に見えるかもしれないけど、僕はそんなことをするほど愚かじゃない」とコメントしていた。

このインタビューに対して、アンバーの弁護士は芸能情報誌『ザ・ハリウッド・レポーター』に以下のように反論している。

「もし、GQがデップ氏の主張について、基本的な調査を行っていれば、すぐに彼の表明が完全に事実ではないことに気づくはずです。」

「デップ氏は秘密保持契約を明らかに無視しているだけでなく、ハード氏が彼の根拠のない申し立てへの説明をしたいと何度も要求しているにもかかわらず、それを拒んでいます。デップ氏は恥ずかしいことに、人生の辛い時期を過去のものにしようとしているハード氏に心理的な虐待を続けています。正しい結論を導き出すのに必要なのは、(彼女が身体的に受けた虐待の跡をはじめとする)物理的な証拠を検証してみることなのです。」

どちらも自分の主張を譲るわけにはいかない状況だけに、今後もお互いに相手の発言を否定し続けると見られるが、決着がつく日は来るのだろうか。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

あなたにおすすめ