台風25号 接近前に備えを!! 東北

日直予報士

2018/10/5 12:19

台風25号は、あさって7日(日)に東北地方に近づいてくる予想です。台風が最も近づくのは、7日明け方から朝(5日午前中の時点)となりそうです。ただ、強風域が広いため、日本海側を中心に接近前から暴風に警戒が必要です。また海は大しけになるおそれがありますので、高波にも警戒が必要です。

●暴風に警戒

東北地方は、あす6日(土)は太平洋側の海上中心に南よりの風が次第に強まるでしょう。夜には陸上でも南から東よりの風が強まってきそうです。自宅の庭やベランダに風で飛ばされそうなものがある場合には、あす6日(土)の明るいうちに片付けておきましょう。
台風が最接近する7日は、日本海側を中心に暴風に警戒してください。午後には北日本から離れる予想ですが、7日(日)いっぱいは、吹き返しで西よりの風が非常に強く吹くでしょう。交通機関が乱れる可能性がありますので、お出かけを予定されている場合は、気象情報と合わせて交通情報もこまめに確認しましょう。

●高波に警戒

台風接近に伴い、あさって7日(日)は山形県、秋田県、青森県を中心に海上ではうねりを伴って大しけとなるおそれがあります。5日11時の時点で、波の高さは、
【山形県 秋田県 青森県】6メートルから8メートル
【岩手県 宮城県 福島県】3メートルから4メートル の予想です。
台風への備えは、あす6日(土)中に行い、7日(日)は海岸付近に近づかないようにしましょう。

●ザッと強まる雨に注意

台風が東北地方に近づく7日(日)の明け方から昼ごろにかけて、台風中心に近い青森県や秋田県では、台風本体の発達した雨雲が通過する予想です。このため、短い時間に降る強い雨に注意が必要です。一時的に雨脚が強まるおそれがありますので、側溝の掃除など大雨に対する備えは、あす6日(土)までに行っておくと安心です。

●高温 体調や食品の管理に注意

台風25号が運んでくる暖かく湿った空気と、強まる風によるフェーン現象の影響で、3連休中の最高気温は平年より大幅に高くなる予想です。特に7日(日)にかけて、東北南部では8月下旬並みで真夏日に迫る気温になるところがあるでしょう。北部でも25度を超えるところが多い予想です。このところの寒暖差で体調を崩している方も多いかと思いますが、急に蒸し暑さが戻りますので体調管理にご注意ください。合わせて食品の管理にもお気をつけください。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ