オバマ前大統領夫妻、26回目の結婚記念日に素敵なメッセージ交わす

現地時間3日、オバマ前米大統領夫妻が結婚26周年を迎えた。Twitterを通じて互いに愛の言葉を交わし合った夫妻に、今年も「相変わらず仲が良くて羨ましい」と話題を呼んでいる。

シカゴにある法律事務所で、1989年に出会ったオバマ前米大統領夫妻。オバマ氏は当時自身のアドバイザーだったミシェル夫人に猛烈なアタックを開始、何度断られてもめげずに誘い続けたという。しばらくしてようやくミシェル夫人がデートの誘いを受け入れ、そこから交際へと発展、数年間を経て2人は1992年10月3日に結婚した。

それ以来26年の人生をともにしてきた2人、現在は米国人が憧れる「理想の夫婦」としていつも名が挙がるようになった。毎年互いに甘いメッセージを送り合うオバマ夫妻だが、昨年の結婚記念日にはオバマ氏がある会議に出席した夫人の前にビデオメッセージでサプライズ登場し、「断られ続けながらも諦めないでデートに誘ってよかった。君を選んだことは大英断だった」と繰り返し、四半世紀にわたるミシェル夫人への想いを吐露していた。

今年は大掛かりなサプライズこそなかったが、互いに素敵なメッセージをツイートし合っている。

「ミシェル、ハッピーアニバーサリー。君は僕にとって申し分のない素晴らしい妻だよ。そして僕にいつも笑顔を運んでくれる。世界を一緒に見てまわるには最高のパートナーさ。この26年間ずっと変わらずにね。」

「バラク、この30年近い年月にあなたが注いでくれた愛情と信頼と尊敬に感謝の気持ちでいっぱいよ。いつも私や娘たちの気分を明るくしてくれて、そして褒め称えてくれてありがとう。ともに過ごす毎日のなかで、あなたが私たちにとってどれだけかけがえのない大切な存在かを毎日感じているわ。」

今年1月にミシェル夫人が54歳の誕生日を迎えた際には、SNSに「君は僕の妻、子供たちの母、そして僕の親友だ。君の強さ、気品、意志の強さに夢中だよ。毎日どんどん君のことが好きになっていく」と綴っていたオバマ氏。Instagramにはこれまでに400万件近い「いいね!」が集まり、「オバマ氏のミシェル夫人を見つめる眼差しから愛が伝わって来る」「こんな男性に巡り会うにはどうしたらいい?」「ホワイトハウスに戻ってきて!」などたくさんのコメントが書き込まれた。

2009年の大統領就任時には、10歳、7歳と幼かった2人の娘たちも美しく成長した。長女マリアさんは現在20歳、2017年に名門ハーバード大学に入学した才女である。次女サーシャさんはワシントンD.C.内の高校に通い、今年最後となる高校生活を楽しんでいるもよう。

2人の娘たちも手がかからなくなり、今は夫婦水入らずの時間を存分に楽しんでいるオバマ夫妻。ホワイトハウスを離れてからも国民から絶大な人気を誇る“パワーカップル”の幸せショットに、今後も引き続き注目が集まりそうだ。

画像は『Barrack Obama 2018年1月17日付Instagram「You’re not only my wife and the mother of my children, you’re my best friend.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ