“ひどい結婚相談所”の内幕「成婚率90%」「医師を紹介」のカラクリとは

女子SPA!

2018/10/5 08:46



こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

多くの人がこっそりと入る結婚相談所。そのため、リアルな口コミを聞くことはなかなか無いのではないでしょうか? 高いお金を払ったのに、結婚できないどころか酷すぎる仕打ちを受けるという結婚相談所もあります。今回は、そんな「ヤバすぎる結婚相談所の実態」についてお伝えします。

◆一生懸命に会員の成婚を願っている結婚相談所が大半

まずはじめにお伝えしておくと、すべての結婚相談所がひどいというわけではありません。結婚相談所の多くは、真面目に会員の成婚を願っているでしょう。しかし、中には問題のある結婚相談所もあるのです。

今回紹介するのは、被害にあった相談者から実際に聞いた結婚相談所で、すべて今も営業中です。もし、これから結婚相談所入会を検討中であれば、くれぐれもご注意ください。

◆医者を紹介する結婚相談所でひどいところも

医者は女性が結婚したい職業で常に上位にランクインします。国家資格で高収入、親も喜ぶし、一生安泰、そんなイメージがあるのかもしれません。

世の中には「独自ルートで医者を紹介する」という結婚相談所がいくつもあります。普通の結婚相談所にも医師の会員はいますが、人気が殺到して並大抵の女性ではなかなかお見合いにすら至りません。

この「医者を紹介する結婚相談所」は、医者自身が入会料を払わずに登録している場合も多いのです。一方女性側は、普通の相談所の倍近い金額の値段です。

玉の輿のための自己投資と思って大金を出す女性がいるから成り立つビジネスですが、そこで出会う医者達はそんなに結婚願望がないでしょう。だって、無料(または激安)なのですから。いろんな女性とデートができるから利用しているだけかもしれないことを、頭の片隅に入れておいてください。

◆「驚異の成婚率」は本当? ダイエットコース付の結婚相談所の実態

被害者が多い結婚相談所は「1年以内の成婚率90%」など、とにかく成婚率をアピールします。

こちらの会員だった方の話を聞くと、「成婚率が高い」「雑誌に掲載された」「手厚いサポート」という謳い文句から「ここに入れば結婚できるだろう」と妄信して入会してしたそうです。

しかし、この「手厚いサポート」が問題だったのです。

入会後、「今のままじゃ結婚できない」と言われ、追加料金数十万円のダイエットコースを強制的に契約させられたそう。しかし、ダイエットに関して素人の相談所スタッフが指導をするため、痩せるどころか体重増加……。その他にも、HPにはない様々なコースを次々に契約させられ、お見合いがうまくいかなければ励まされるどころか罵倒されたそうです。

この相談所は、他の仲人からも非常に評判が悪いです。お見合いに同席して、うまくいきそうな場合は相手の会員を引き抜くこともあるそう。成婚すれば、成婚料が男性・女性双方から取れるからです。結婚が決まってからも、契約している宝石屋で指輪を購入させられたケースも。

結婚相談所は辞める人を「結婚相手が決まったので退会する」ということで「成婚者」とみなしている場合が多いのです。

しかし、「ここはおかしいぞ」と思ってすぐに退会した人も、「成婚者」にカウントされてしまう場合があるのです。成婚率が高いというカラクリは、単にヤバい相談所だったからすぐ辞める人が多いだけです。

ここに限ったことではありませんが「成婚率が高い」とアピールするところは怪しんでください。真面目に結婚相談所を運営して、成婚率が高いところでも、だいたい50%前後でしょう。

(編集部注:まっとうな大手結婚相談所は、「成婚退会者数」だけ発表していたり、成婚率を出しているところでも20~30%程度)

◆会員がいない?“自称”結婚相談所には要注意

結婚相談所には、大手企業が運営している結婚相談所と、個人の仲人が運営している結婚相談所の2種類があります。個人が運営しているところは「●●仲人連盟」に加盟して、独身者のデータベースを共有する仕組みです。

しかし、たまにどこにも所属していない結婚相談所に入会して、全く紹介されないという相談もいただきます。全国区の連盟に加盟していなくても、地域密着型で紹介できる会員がいるのならば成り立つのかもしれません。どういうルートで会員を集めているのか、どこかの連盟に加盟しているのかHPに記載がなければ確認したほうがいいでしょう。

◆「家事手伝いの女性歓迎」の結婚相談所

ある地方には「家事手伝い歓迎」とHPに記載している結婚相談所があります。

結婚相談所は男性が有利な場所です。それは男女比で女性が多いため。男女比はエリアによって異なり、首都圏4:6、関西3:7、東海5:5等のところが多いです。九州、北国は2:8で女性が多いのですが、そんな女性会員8割エリアに家事手伝い歓迎の結婚相談所があるのです。

若くて美人でコミュニケーション力があるならいざ知らず、社会人経験の乏しい30代以上の家事手伝い女性が、男女比2:8の激戦区で男性を勝ち取ることはほぼ不可能です。高いお金を払って「結婚できるかも!」という妄想を抱いて入会し、毎月会費を払い続け結婚相談所の養分になる女性がいるようです。

◆結婚させてくれる場所などない

紹介した結婚相談所は「ここに入れば人生うまくいくかも!」と過剰に期待させていることが共通点です。

10万円を超える入会金を払う時、1年後にはすっかりミセスになっていると錯覚しているかもしれません。しかし、相手の気持ちはお金で買えるわけがないのです。

たまたま入ったお店のサービスがひどければ、口コミで広まるかもしれません。しかし結婚相談所の場合は、ひどいところに入ってしまっても、入会していることを隠したがるために友達や同僚に話す方が少ないのです。

まして、結婚相談所にいくつも入った経験がある方はほとんどいません。皆ほとんど初心者で、選び方も分かりません。うますぎる話には、注意しすぎて困ることはないでしょう。

<文/菊乃>

【菊乃 プロフィール】

28歳まで全く非モテだったが、一念発起して変身できた経験をもとに、恋愛婚活コンサルタントに。近著は『あなたの「そこ」がもったいない。』

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ