水卜麻美アナ、「後輩の披露宴呼ばれなかった」話に見る“人気者の私”という強い自意識


羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます

<今回の有名人>
「次の人生の楽しみは、徳島(えりか)の結婚式に行くこと」日本テレビ・水卜麻美アナウンサー
『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系、9月30日)

リア充を嫌う現代、テレビの世界で人気者となるには、“見せ方”にコツがいる。人気者イコール見せ方上手と言っていいと思うが、「上手の手から水が漏る」というコトワザどおり、うまい人も失敗することがあるんだと思わされたのが、9月30日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)での日本テレビ・水卜麻美アナウンサーだ。

この日、同局の徳島えりかアナウンサーが、番組アシスタントを卒業することが決まっており、水卜アナは「友達代表」として、その様子を見届けに来ていたが、自身のイメージアップにはならなかったのではないだろうか。

オリコン調査「好きな女性アナウンサー」、「週刊文春」(文藝春秋)の「好きな女性アナ」で5年連続第1位を獲得するなど、無双状態の水卜アナ。人気者こそ、“ヤバさ”を演出することが今の時代に大事であることを、彼女は知っている。水卜は後輩である徳島アナのことがヤバいくらいに大好きで、「次の人生の楽しみは、徳島の結婚式に行くこと」「ウェディングドレス姿がみたい、なんなら私もお金を出すから」と言うくらい、楽しみにしていたそうだ。しかし、当の徳島は東京で披露宴をせず、「(披露宴は)終わりましたよ」と事後報告してきたという。天下の水卜アナが、袖にされるエピソードを面白いと思うのかもしれないが、ここには、水卜アナの2つの本音が隠されているように感じる。

まず1つめは、水卜アナの人気アナとしての自意識だ。このエピソード、人気ランキング1位の水卜アナとランキング圏外の徳島アナの立場を入れ替えてみたらどうだろうか。徳島アナが人気ランキング1位の水卜アナの結婚式に、行きたかったが呼ばれない、披露宴が終わってから報告があったという話だった場合、テレビでこのエピソードを披露できるかといったら、無理だろう。人気アナウンサーに「いじめられた」と言っているようなものだから、番組にとっても良い影響はないだろうし、この後の人間関係がギスギスすることは目に見えているからである。

つまり、この話がテレビでできるのは、水卜アナがランキング1位で、徳島アナより上だからなのである。「みんなに好かれている私」という実績や自負があるからこそ、「でも、こんな扱いされちゃいました」と自虐的な結末が意味をなす。強い自意識の表れと言ってもいいのではないだろうか。その証拠といっては何だが、水卜アナは徳島アナと仲良しアピールすることはあっても、徳島アナからアピールするところを、私は見たことがない。人気者であることに加え、後輩をかわいがることでイメージアップするのは、水卜アナの側だからだろう。

2つめは、水卜アナがフリーになる日は遠くないのではないかということだ。水卜アナと徳島アナは、同番組で一緒に旅行に行ったと話していたことがある。職場の同僚と旅行に行くのは、一般人の感覚では「仲が良い」だろう。しかし、人気商売である女子アナの場合、そうとは言い切れないのではないだろうか。

番組名は失念したが、元フジテレビアナウンサー・高島彩と中野美奈子も一緒に旅行に行き、そこで撮った写真を年賀状に使うと話していたことがある。旅行は風呂に入ったり、すっぴんをさらしたりと、週刊誌の知りたい女子アナのプライバシーの宝庫だろう。そういったプライバシーの流出をどうしたら防げるかというと、自分と同じようにプライバシーをさらされたくない人を旅行相手に選ぶこと、つまり女子アナと旅行をするのが、一番の防衛策ではないだろうか。嫌いな人と旅行に行く人はいないだろうから、気が合うことは大前提だが、女子アナが女子アナと旅行するのは、プライバシーの保全というメリットが一致するからという見方も成立するはずだ。

徳島アナは、日本テレビの社員と結婚し、夫婦して日本テレビに勤務している。その徳島アナにとってメリットがある人とは、日本テレビの社員であり、メリットがない人とは、日本テレビの社員ではない人ではないか。披露宴に誰を呼ぶかは、そもそもの方針(親族だけしか呼ばない)や相手の家との兼ね合いがあるので、「呼ばないから不仲」とは言えない。しかし、水卜アナがフリーになって、日本テレビの人間でなくなれば、徳島アナにとってメリットのない存在となり、絶対に呼ばなくてはいけないリストから外れる。なので、披露宴の日取りすら教えないというぞんざいな扱いにつながったのではないか。翻すと、それだけ水卜アナがフリー転身願望を周囲に匂わせているのでは、もしくは水卜アナのフリー転身は局内では周知の事実なのでは? と想像させるのだ。

NEWS ZERO』(同)のメインキャスターに、フリーとなった有働由美子が就任した。今のところ、日本テレビは水卜アナを報道路線に行かせるつもりはないということだろうが、30歳を超えた水卜アナがずっとバラエティ路線で行くのも、やや無理があるだろう。

局アナとしては珍しく、インスタグラムを始めた水卜アナ。Xデーは、案外近いのではないだろうか。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ