関ジャニ∞「日・ASEAN音楽祭」で2曲熱唱「光栄な気持ちでいっぱい」


アイドルグループ・関ジャニ∞が4日、東京・渋谷のNHKホールで開催された「第2回 日・ASEAN音楽祭」(NHK総合で10月27日15:05~放送)に出演した。

「日・ASEAN音楽祭」は、日本とASEAN(東南アジア諸国連合)各国の文化振興を促進するとともに、さらなる相互理解と国際親善を推進することを目的としたコンサートで、各国より招聘した歌手と日本を代表する歌手が出演。2013年に第1回が開催され、5年ぶりの開催となる。

本番前のリハーサルが報道陣に公開され、日本代表として出演した関ジャニ∞は、「ここに」と「大阪ロマネスク」の2曲を本番さながらに熱唱。そして、「このたびは素晴らしい音楽祭にお招きいただき、光栄な気持ちでいっぱいです。またとないこの機会を大切に関ジャニ∞らしく全力でパフォーマンスさせていただきたいと思います」とコメントを発表した。

今回、“日本代表”として、日・ASEAN特別大使で同音楽祭実行委員の会長を務める杉良太郎をはじめ、w-inds.、関ジャニ∞、伍代夏子、今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、登坂広臣(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、乃木坂46の7組、そのほか10カ国からそれぞれ1組ずつ出演。計17組41人、全34曲を披露した。MCは、西田ひかるとピコ太郎。ピコ太郎は「PPAP」のASEANバージョンをパフォーマンスした。

あなたにおすすめ