押切もえ、夫・涌井秀章の怪しい行動に焦り

※画像は、押切もえオフィシャルブログ「moe mode」 より


9月30日放送の『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)に、2016年にプロ野球・千葉ロッテマリーンズの涌井秀章選手と結婚したモデルでタレントの押切もえが登場。新婚生活にまつわる様々なエピソードを披露し、MCの浜田雅功も感心の表情を浮かべていた。

押切「彼は始球式を丁寧に指導してくれました」



まず押切は、涌井の所属球団である千葉ロッテマリーンズの始球式に登場した時のエピソードを語る。浜田が「あれが交際のきっかけじゃないの?」と聞くと押切は「元々知り合いで、始球式の話があったので相談したら『教えるからちゃんと練習して。毎日タオル振ってる?』とか、アドバイスがあったんですよ。本番の日も、彼は登板日じゃなかったんですけど、ちゃんとチェックしに来てくれて」と答え、浜田も感心の声を漏らす。

続けて、同じくゲストで来ていたモデルの高橋ユウが「夫婦一緒に寝てますか?」と質問。すると押切は「元々結婚してからずっと一緒に寝てて、試合の前日でも夫は『気にしないから大丈夫』って言ってくれて。6カ月の長女が生まれた時も一緒に寝てくれました」と答え、高橋も感動のまなざしを向けていた。

次に話題になったのは、職業柄遠征の多い夫とのコミュニケーションに関して。押切は「(涌井は)先発で週一回仕事なので、結構家にいますね。キャンプとか自主トレの時は丸2カ月いない時もありますけど」と話す。

ところが「西武ドームで試合がある時は、家から所沢まで車で1時間半くらいで行けるのに、なぜか泊まりなんですよ。1回1回帰ってくるの大変だから皆さん泊まりらしいんです」と話すと、浜田は急に色めき立ち目を見開いて「怪しい!」と一言。同じくゲストで出演していた、元埼玉西武ライオンズの石井一久の妻、木佐彩子からも「主人は毎日ちゃんと帰ってきてたよ」と言われ、押切は焦りの表情。

しかし、石井には運転手がいたことが判明。これを知った押切は「運転手がいなかったから……帰ってこないんじゃないかな?」と自分に言い聞かせるようにボソっと喋り、スタジオは大爆笑となった。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ