「若松さんが亡くなり、青春が終わったと感じた」白石和彌監督が語る若松孝二から受け継いだ遺産

日刊サイゾー


 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映画界の巨匠だった若松孝二監督が1965年に立ち上げた「若松プロ」を舞台にした実録群像劇だ。低予算のピンク映画ながら『壁の中の秘事』(65)がベルリン国際映画祭に日本代表として出品されるなど、第一期黄金時代を迎えていた若松監督と、そのブレーンを務めた大和屋竺(のちの『ルパン三世』脚本家)、足立正生(のちのパレスチナゲリラ)、沖島勲(のちの『まんが日本昔ばなし』脚本家)、荒井晴彦(のちの『映画芸術』編集長)らが才能とエネルギーを爆発させていく姿を、実在した女性助監督・吉積めぐみさんの視点から描いている。

1969年から71年にかけて「若松プロ」で助監督として多忙な日々を送るめぐみ役に若手演技派として成長著しい門脇麦、若松孝二役には『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(07)や『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(12)に出演した井浦新をキャスティング。そして本作を企画したのは、『凶悪』(13)や『孤狼の血』(18)など骨太な犯罪映画を次々と放っている白石和彌監督だ。キャストと監督名を聞いただけで、ハンパな青春映画ではないことが分かる。「若松プロ」が低迷期にあった1990年代後半から晩年の黄金期への序章となった『17歳の風景』(05)まで若松監督のもとで助監督を務めた白石監督が、本作に込めた想いを語った。

──役所広司松坂桃李が共演した東映映画『孤狼の血』も、今回の『止め俺』も、どちらも抜群に面白い。ヤクザ刑事から新人刑事がデカ魂を受け継ぐ『孤狼の血』と、ヤクザ監督から若い世代が創作熱を受け継ぐ『止め俺』はテーマ的に共通するものがありますね。

白石 ハハハ、そうかもしれません。同じ監督が撮っているものなので、通じる部分はどうしてもありますね(笑)。確かに『孤狼の血』は先輩が残してくれたものを後輩が受け継ぐ物語ですし、今回の『止め俺』は元ヤクザの映画監督・若松孝二の中からひとりの少女が何を引き出し、どう自分のものにしていくのかを悩むという内容です。それは僕自身が20年前に「若松プロ」に入った頃に感じていたことでもあるんです。1960年代でも90年代でも、若者の悩みは変わらない。めぐみは僕の分身なんだという想いで撮っていましたね。

──若松監督は交通事故が原因で2012年に亡くなったわけですが、このタイミングで映画化を思い立ったのはなぜでしょう?

白石 今年の10月17日が若松さんの七回忌ということもありますが、若松さんの生誕80年(2016)に足立正生さんをはじめとする「若松プロ」出身のレジェンドたちが集まったトークイベントがあり、それがすごく面白かった。僕にとって「若松プロ」で過ごした日々は青春時代でしたし、足立さんたちレジェンドにとっても青春だったわけです。みんな目をキラキラさせながら語っていたんです。自分が「若松プロ」で経験した失敗や喜びは、23歳の若さで亡くなっためぐみさんも体験していたんだなぁと思うと、居ても立ってもいられなくなった。若松さんたちはピンク映画を撮りながら、「俺たちは世界と闘っているんだ」と叫んでいたわけですよ。今の若い人たちには滑稽に感じられるかもしれませんが、無性に愛おしい時間だったはずです。これは、どうしても映画にしたいと思ったんです。

■ヤクザ映画が時代劇化する現代への違和感


──『凶悪』のヒット以降、白石監督は映画界注目の売れっ子監督に。メジャー系の仕事をするようになった今だからこそ、撮りたかった企画のようにも感じます。

白石 それは大きいですね。『孤狼の血』のようなビッグバジェットの作品も任せてもらえるようになってきたんですが、どうしても大きな映画って、多かれ少なかれ様々なしがらみを付いてくるわけです。今の時代は、コンプライアンスだとかポリティカル・コレクトネスなどにも気を遣わなくてはならず、映画づくりにおいて表現の自由が難しくなっています。ここで、もう一度自分の原点に立ち返ってみたいという気持ちが強かった。僕の師匠だった若松孝二はピンク映画という超弩級のインディーズ映画で、好き放題やった監督です。最近の自分はメジャー映画もやるようになってきたけど、自分のアイデンティティーって何だろうと考えたとき、絶対にそっちだなと思えたんです。

──『孤狼の血』はかなり振り切った作品のように思えましたが、それでも今の時代にヤクザ映画を撮ることは容易ではなかったようですね。

白石 昔と違って、今はスタッフもキャストも、ヤクザを取材することは出来なくなっています。菅原文太さんたちがヤクザ映画に出ていた頃は、芸能人がヤクザとリアルに兄弟分になったりしていた。映画の撮影する際には、地元のヤクザにお願いして、他の組が邪魔しないように配慮してもらったりもしていたわけです。

──若松監督は映画界に入る前、それこそ下っぱヤクザとして、映画のロケ現場に立ち会っていた……。

白石 若松さんは撮影現場のガードマンをしている間に、映画製作に興味を持つようになり、ヤクザから足を洗ったそうです。今の映画界はそういう繋がりはもうなくなっています。でも、今の若い俳優に対して「深作欣二監督の『仁義なき戦い』(73)を観ておいて」と伝えるだけで役づくりを済ませていいのかとも思うんですよ。ヤクザ映画はもはや時代劇化しつつある。誰もリアルな侍は見たことがないわけですが、それに近いところにヤクザ映画も来ているように感じています。本当はそうじゃないはずなのに、そう思わざるを得ない状況に映画界はなってきている。僕の意図するところとは関係なく、キャスティングが決まることもある。ここでもう一度、自分の原点を見つめ直したかった。若松さんたちが自由に映画をつくっていたスタイルを、今の時代に取り戻したかったんです。

■無名時代のビートたけしも出演していた!?


──「若松プロ」のあった原宿セントラルアパートに集まる顔ぶれがすごい。大和屋竺(大西信満)、足立正生(山本浩司)、沖島勲(岡部尚)、小水一男=ガイラ(毎熊克哉)、秋山道男(タモト清嵐)、荒井晴彦(藤原季節)……。ちなみにガイラさんは、北野武監督とは新宿のフーテン仲間だったそうですね。

白石 今回の映画では描いていませんが、ガイラさんとたけしさんは新宿の同じジャズ喫茶でバイトしていて、めぐみさんとも懇意にしていたそうです。めぐみさんは『新宿マッド』(70)のエキストラとしてたけしさんに声を掛け、出演しているみたいなんです。確かめようと何度か見直したんですが、まだ見つけることができずにいます(苦笑)。たけしさんは友情を忘れない方で、20年後にガイラさんが監督した『ほしをつぐもの』(90)にも出演しています。

──撮影が終わって夜の新宿へ繰り出せば、大島渚(高岡蒼佑)や赤塚不二夫(音尾琢真)たちと酒を呑み交わし、創作について熱く議論しあう日々。めぐみさんが助監督をつとめたのは3年足らずですが、とても刺激的で濃厚な時間を過ごしたようですね。

白石 あの時代の1日に受ける刺激は、現代の数倍はあったんじゃないかと思います。憧れるし、とても面白い日々だったと思いますが、体力の消耗もすごかったでしょう。当時の若松さんはピンク映画とはいえ、年間に7~8本ほど監督し、プロデュース作も2~3本あった。めちゃめちゃな生活ですよ。さらに夜は大島渚監督が率いる「創造社」のスタッフたちから議論を吹っかけられていた。さらに「若松プロ」でも、助監督たちは隙あらば若松さんの足元をすくおうと狙っていた。「若松プロ」は決して仲良しサークルではありませんでしたから。当時の新宿は文化の最先端で、1968年には新宿騒乱やフォークゲリラも勃発しています。予算の都合で充分に描くことはできませんでしたが、そういった夜の街がはらんでいる猥雑さみたいなものも映画の中に取り込みたいなと思っていました。

──刺激的な毎日を過ごす中で、主人公めぐみは優秀な助監督へと成長していくも、初めて監督に挑戦したデビュー作が思うような出来ではなく、挫折を味わうことにもなる。

白石 挫折感はすごかったと思います。でも、彼女はまだ22~23歳だったわけですから、もう少し続けていれば違った見方もできるようになったと思うんです。僕もそうなんですが、めぐみさんにとっては初めての社会が「若松プロ」だった。後輩に脚本の書き方などを教えることがあるんですが、ト書きや台詞の書き方といった技術を教えることはできても、「じゃあ何を描くのか」という部分は教えることができないわけです。根っこの部分は自分で見つけるしかない。劇中で若松さんが「お前がぶっ殺したい相手は誰だ!?」とめぐみに向かって怒鳴っていますが、あの台詞は僕も言われたものなんです。ぶっ殺したい相手、つまりお前は何を描きたいんだということ。それはいつの時代でも変わらないものだと思います。ただひとつ僕から言えることは、失敗しても映画をつくり続けることで、それは段々と見つけることができるものなんです。僕もそこに至るまでに、かなりの時間を要しました。めぐみさんは、そこに行き着くことができなかった。それが残念です。

■夜のプールでのヌードシーンは、大先輩からの助言


──後半は『止め俺』のキャストについて。1992年生まれの門脇麦さんですが、役づくりに関して白石監督からどう説明したんでしょうか?

白石 具体的にこうしてほしいみたいなことは言ってないですね。めぐみさんが亡くなったときに、当時撮影助手だった高間賢治さんや仲のよかった秋山道男さんらでめぐみさんを被写体にした小さな写真集を作っていたんです。その写真集を高間さんからお借りして、麦ちゃんには「この写真集を見てくれ」とだけ伝えました。クランクインしてからも麦ちゃんは、その写真集を毎朝見ることをルーティーンにしていたみたいですね。それと、当時の若者はジャズ喫茶で過ごすことが多かったので、「こんなジャズを聴いていたらしいよ」とか、やはり当時の若松さんが撮った映画やその頃の新宿の雰囲気がよく出ている大島渚監督の『新宿泥棒日記』(69)は観ておいてほしいと話したぐらいかな。後は麦ちゃんはおかっぱヘアが似合から、現場の雰囲気をうまくつくって彼女がそこへどう溶け込んでいくかだったと思います。

──夜のプールで、めぐみが全裸で泳ぐシーンがとても美しい!

白石 あのシーンは荒井晴彦さんからのアドバイスなんです。当時のめぐみさんは下落合で暮らしていて、夜中によく裏の小学校に忍び込んで、プールで泳いでいたそうなんです(笑)。撮影現場のシーンはどうしても男臭くなってしまうので、現場では女であることを捨てているめぐみの悩みがポロッと出てしまう夜のプールのシーンを撮ることができてよかった。映画を観た荒井さんは「いろいろと言いたいことはあるけど、まぁいいんじゃないの」とだけ言い残して去っていきましたね(笑)。

──そしてスリム体型の井浦新が、ワイルドな若松監督を演じるという大胆なキャスティング。

白石 多くの人は若松さんの後年のがっしりした、弱冠太っているイメージしかないと思いますけど、30歳前後の若松さんの写真を見ると全然太ってないんです。若松さんは学生時代に柔道をやっていたから骨太感はあるけど、新さんと似てないことはないと僕は思っています。もちろん、脚の長さは断然、新さんのほうが長いですよ。脳内麻薬を出しながら撮っていたので、僕自身が「似ている!」と思い込んでやっていた部分もあるかもしれませんが(笑)。

──劇中で井浦新が映画について熱く語り始めると、段々と瞳がつぶらになり、「あっ、この人の中にも若松孝二が宿っているんだ」と思えてくる。同時に映画を観ている我々も、あの時代にタイムトリップしたような気分に陥ります。

白石 そんなふうに感じてもらえると、うれしいです。新さんにしてみれば、『11.25自決の日』で演じた三島由紀夫以上の無茶ぶりだったかもしれませんが、もし他の俳優が若松さんを演じることになったら嫌だったはずです。僕らもそう。僕ら「若松プロ」と関係ない人たちによって、若松孝二をドラマ化されていたら許せなかったと思います。それこそ、若松さんの言った「ぶっ殺したいヤツ」になっちゃいますよ(笑)。『実録・連合赤軍』以降の若松さんの作品は新さんあってのものだったので、そもそも新さん以外に頼める俳優はいませんでしたね。

──若松監督のファンで、『止め俺』に出たかったという俳優はきっと多いでしょうね。

白石 だと思います。ごめんなさいと謝るしかありません。でも、奇跡と言っていいくらいのキャストがそろいました。足立正生役の山本浩司さんは、足立さんの監督作『断食芸人』(16)に主演していて、足立さんと共に物づくりを経験していた。雰囲気がすごく似ていると思います。ガイラ役の毎熊克哉さんもそっくり。実はガイラさんからは「俺の息子を使ってくれ」と頼まれたんですが、年齢がちょっと上だったので断ってしまいました。オバケこと秋山道男さんを演じたのは、『実録・連合赤軍』で加藤少年役を演じたタモト清嵐くん。当時14歳ながら、しっかり若松さんの薫陶を受け、今も芝居を続けてくれていたことがうれしかったですね。

■若松孝二が残してくれた財産とは……!?


──大島渚監督は、のちに世界的なセンセーショナルを呼ぶ『愛のコリーダ』(76)のプロデュースを若松監督に依頼するなど、2人は深い信頼関係で結ばれていた。若松監督の遺作『千年の愉楽』(13)に出演した高岡蒼佑が大島渚役に。

白石 大島渚さんを誰に演じてもらうかは、なかなか決まりませんでした。今回の登場人物たちの中で、いちばんカリスマ性が求められますから。いろいろ考えていく中で、『千年の愉楽』に高岡さんが出ていたことを思い出したんです。簡単には引き受けにくい役だったと思います。似てるか似てないかで言えば、似ているわけではありません。でも、やっぱり雰囲気の問題なんですよね。高岡さんは希有な俳優なんで、もっと活躍してほしいですよ。

──『千年の愉楽』の公開時に高岡さんを取材したことがあります。若松監督が亡くなった翌朝、自宅で寝ていた高岡さんのところまで若松監督が逢いに来てくれたと語っていました。

白石 枕元に来てくれたんだ。そんな話を聞いたら、泣きたくなっちゃいますよ……。若松さん、事故で亡くなったこともあるし、公開作や企画を考えていた作品が残っていたこともあって、僕もそうだし、役者たちも若松作品が途中で中断してしまった感が強かったんです。やりきった感がないというか。それで逢う人ごとに「若松さんの映画をやりたい」とずっと話してきたし、若松さんの残してくれた財産をちゃんと形にしたいなと思っていたんです。若松さんの財産、つまり若松さんの情熱に触れた俳優やスタッフたちを集めて映画をつくろうと。僕なりのケジメのつけ方というか、若松さんへの恩返しですよね。僕なりの若松孝二論をやりたいという気持ちもありました。

──『止め俺』は美しい青春映画ですが、同時に白石監督自身の青春時代への惜別の詩のような印象を受けます。

白石 それはあるかもしれません。若松さんが亡くなったとき、「俺の青春が終わった」と思いましたから。いまどきの青春映画は、「好き」とか「嫌い」とかがメインになったものが多いけれど、青春ってそれだけじゃない。何者かになりたいと願っているんだけど、その何者かになかなかなれずに焦燥感を抱いている若者たちは今も多いと思うんです。若松さんはピンク映画というニッチな世界で、「国辱映画」と酷評され、大炎上しながらも自分の撮りたい映画を撮り続けた。それでいいと思うんです。周囲の目を気にすることなく自分が本当にやりたいと思うものを見つけ、失敗してもいいから思いっきりやったほうが絶対にいい。僕はそう思います。若松作品を観たことのない若い世代にも、ぜひ観てほしいですね。

──最後に白石監督が勧める、若松監督作品ベスト3を教えてください。

白石 『止め俺』の中でもメイキングシーンを描いていますが、原宿のセントラルアパートの屋上で撮った『ゆけゆけ二度目の処女』(69)。60年代の若者たちの心情がすごくよく伝わってくる、若松作品ならではの青春映画です。もうひとつは『新宿マッド』。当時の新宿の猥雑な雰囲気がリアルに感じられます。最後の一本は『天使の恍惚』(72)でどうでしょうか。『止め俺』の最後に若松さんが読んでいるのは、足立さんが執筆した『天使はケチである』という脚本なんです。映画は『赤軍 PFLP 世界戦争宣言』(71)までで終わりますが、その直後に撮ったのが『天使はケチである』を改題した『天使の恍惚』だったんです。これらの作品を併せて観ると、『止め俺』をより楽しめると思います。
(取材・文=長野辰次)

『止められるか、俺たちを』
監督/白石和彌 脚本/井上淳一 音楽/曽我部恵一
出演/門脇麦、井浦新、山本浩司、岡部尚、大西信満、タモト清嵐、毎熊克哉、伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作、中澤梓佐、満島真之介、渋川清彦、音尾琢真、高岡蒼佑、高良健吾、寺島しのぶ、奥田瑛二
配給/スコーレ 10月13日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開
(c)2018若松プロダクション
http://www.tomeore.com

●白石和彌(しらいし・かずや)
1974年北海道旭川市生まれ。若松孝二監督、佐野史郎主演のオリジナルビデオ作品『標的 羊たちの哀しみ』(96)以降、『明日なき街角』(97)、『完全なる飼育 赤い殺意』(04)、『17歳の風景 少年は何を見たのか』(05)などの若松作品に助監督として参加。『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08)のキャストオーディションを担当するなど、「若松プロ」を離れた後も若松組を支え続けた。『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(10)で監督デビュー。監督第2作『凶悪』(13)が数多くの映画賞に輝き、以降は『日本で一番悪い奴ら』(16)、『牝猫たち』(16)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『サニー/32』(18)とタイプの異なる話題作を矢継ぎ早に放っている。今年5月、東映系で全国公開された『孤狼の血』は往年のヤクザ映画へのオマージュ作として熱狂的な反響を呼んだ。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ