熊本市議が「のどあめ舐めながら質疑」で懲罰に 行き過ぎた市議会の対応に疑問の声

しらべぇ

2018/10/3 06:00


(icenando/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

28日、熊本市議会に緒方夕佳市議(43)が質疑のために登壇。このさい、緒方市議が「のどあめ」をなめながら質疑を行ったことがその他の議員たちの非難の的となり、議会は紛糾。最終的に緒方市議に懲罰動議がかけられる事態となった。

■英メディアが相次いで報道


この騒動は国内だけにとどまらず、英国でも大きく報道された。保守系紙である『デーリー・テレグラフ』は

「柔軟性を欠いたエチケット、規則、上下関係でがんじがらめに束縛された社会に光が当たった」

と批判的に報道。加えて英国の左派系紙である『ガーディアン』も騒動に着目、

「日本の親、とりわけ母親は、保育所も足りない中、仕事と子育ての両立という困難に直面している」

と日本国内の女性活躍に関する問題と紐づける形で騒動に触れた。

英国メディアで相次いでこの騒動が報じられた背景には、緒方市議が2017年11月に自身の子供を議会に登壇。厳しいバッシングも含めた、議論を巻き起こしていたことがあると考えられる。

■国内 「プロ意識に欠ける」「女性の労働問題とは異なる」の声


国内では、今回の騒動に関して賛否両論が巻き起こっている。緒方市議を擁護する声が聴かれる一方、緒方市議のそもそもの議員としての資質や海外メディアが今回の騒動を女性の活躍問題と結びつけることに対する非難の声も聴かれた。

「女性問題とは全く別の次元だと思います。口に物入れて普通に喋れるのでしょうか?」

「普通議会でのど飴舐めながら答弁はしないし、それは男性であろうが女性であろうが批判されるべきことだ。」

「議員が発言するのはある意味仕事です。そこでのどが痛いからのど飴舐めながらというのは、プロ意識がゼロだと思います。」

■行き過ぎた熊本市議会の対応に疑問の声


一方で緒方市議がのど飴をなめたことを理由に熊本市議会は8時間にわたり中断。緒方市議の質疑を執り行うことなく、議会は閉会した。こうした熊本市議会の強引ともいえる行動に対しては疑問の声も上がっている。

「のど飴ひとつで退場を迫ったことも行き過ぎ感があります。」

「議会運営を円滑化するために色々ルールもあるでしょうけど、飴1つで政党色濃ゆい、いさかいに発展させるのは市民のためになってるかどうか」

■市民団体が非難声明も


加えて、10月1日には緒方市議が本来質疑し、議題に取り上げるはずであった、請願書を提出していた市民団体「熊本市自治基本条例をより良くする会」が朽木信哉議長に対し、本会議の招集と質疑の再開を求める申込書を提出。

あわせて、「のど飴は医療行為」であり、議会の対応は恣意的であると非難する声明を発表した。

日本的なマナーを考えれば、緒方市議の行動は非難されてしかるべきかもしれない。だが、議会があるのはあくまでも市民のため。身勝手に政争や個人間のいさかいに使われてしまうことがないことを願いたい。

・合わせて読みたい→橋本市議が辞職へ 不倫疑惑の今井絵理子議員に「男運なさすぎ」の声も

(文/しらべぇ編集部・小林 空

あなたにおすすめ