小原正子の入浴姿公開に批判殺到! 過去には“妊婦ビキニ姿”公開で“出したがりの見せたがり”の烙印……

日刊サイゾー

2018/10/2 02:30


 クワバタオハラの小原正子が自身のブログで公開した画像に、批判の声が殺到している。

事の発端は、9月24日に投稿した「ユニットバス☆」という記事。実家に里帰りした小原が子どもたちと一緒にお風呂に入る様子が画像と付きで紹介されているのだが、そこに写る小原はなんと裸。一応、胸にはモザイク加工が施されてはいるが、ネット上では批判の声が上がっているという。

「モザイク加工はしているものの、ネットでは『気持ち悪すぎる』『汚い』『叶姉妹みたいなファビュラスボディーじゃないんだから……』と批判の嵐。さらに、子どもたちの将来を考える人が多く、『母親だったら子どものことを考えろ』『家族アルバムでも息子が大きくなって見た時キモイだろ』との声も。最近ではモザイク加工を解除するアプリもありますし、小原さんの今回の行動は軽率すぎるのでは」(芸能記者)

小原といえば、過去にも妊婦ビキニ姿を公開し、世間のひんしゅくを買ったことがある。

「第2子妊娠中の2016年に家族でハワイを訪れた際、ビキニ姿をブログにアップし、『妊婦が水着って……』『モデルになったつもりかよ!』『41歳で妊婦ビキニは正直イタイ』『マタニティフォトの一種かよ!?』『見せるのは身内だけにしろよ!』と批判が殺到。その騒動に続き今回の一件だったため、ネットでは小原さんに“出したがりの見せたがり”との烙印が押されていました」(同)

ブログも公共の場。投稿した画像はネットに一生残ることもあるだけに、投稿内容を少し考えたほうがいいかもしれない。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ