テリー伊藤、貴乃花親方を「我慢がない」「いつも仮想敵を作る」と猛批判→炎上

しらべぇ


(©ニュースサイトしらべぇ)

30日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、テリー伊藤が日本相撲協会からの退職を表明した貴乃花親方と実母の花田憲子さんに激しい怒りをぶつけ、物議を醸している。

■テリー伊藤が貴乃花親方に激怒


テリーは貴乃花親方について花田憲子さんに対し、

「貴ノ岩の問題(元日馬富士が暴行)があって、自分の弟子が不祥事を起こしたときに『一兵卒になってやりたい』と言いましたよね。あの我慢がなかったと思う」

と指摘。花田さんが「あれは事実なんですよ。なってたのに今回いろいろ決まって…」と反論すると、

「会見でね、『弟子が弟子が』と言ってたけどあれは実は弟子にとってはプレッシャーだと思う。弟子を盾にしているけど、本当に弟子が他の1つの部屋に行きたかったのか、弟子の意見は聞いているんですか」

と激しい口調で返す。花田さんは「聞いていると思いますが…」と再反論。西川も「バラバラにされるよりは1つの部屋に行ったほうがいい」と意見を述べる。しかしテリーは、

「それは大人の論理であって。野球のエモやん(元南海ホークス・江本孟紀氏)みたいなのがいたら自分の意見があるわけじゃないですか。そういう意見を全く言えないってのが相撲界の体質ですよ。これを本来親方は変えればいい」

とコメント。あくまでも「貴乃花親方に問題あり」の姿勢を貫いた。

■貴乃花親方は「何がしたいかわからない」


さらにテリー伊藤は、

「『古い体質=若手』ってこの論理だけじゃないと思うんですよ。今の協会だって良いこともちゃんとしているわけですよ。それを悪いってことじゃなくて。じゃあ親方はこの会見で『何をしたい』と言いましたか?何も言ってない」

と、貴乃花親方を激しく糾弾する。元衆議院議員の金子恵美氏が「協会側もリスペクトして一緒に改革を」とフォローするが、

「大横綱のまま親方になっちゃって一兵卒になれない。仲間を作っていって自分が上に行ったときに改革してけいけばいい。生き方が下手」

とまたも激しい口調で断罪した。

■怒りはエスカレート


太田光は、やんわりと花田さんに「自分の考えと合わないとシャットアウトしてしまうところありませんか」と指摘する。それを聞いたテリーは

「彼は敵を作ることで生きていってる。お兄ちゃんも憲子さんも。人生のなかでいつも仮想敵を作っていく。今後また敵を作っていく。そこを変えていかないと」

とさらに怒りを帯びた発言。それを聞いた花田さんは「戦いを止めてほしい。肩の荷を下ろして」と貴乃花親方に呼びかける。さらにデーブ・スペクターから「どう思っているのか」問われると、

「最後きっちりやってくださいね。世の中には理解している人もたくさんいらっしゃるの。ケジメだけつければね」

と母親らしい情のあるコメント。するとテリーは

「弁護士に引退届持って行かせてるわけじゃないですか。なんで自分で行かないんすか」

と再び糾弾する。花田さんは「私もそれは言ってるんですけど、味方してあげたいので、あまり言わせないでください」としコーナーは終了となった。

■テリー伊藤にネット民が怒り


テリー伊藤の激しい演説は「協会擁護・貴乃花親方糾弾」とも受け取れただけに、ネット民からは反対意見が相次ぎ、炎上状態となっている。













なおテリー指摘の「弟子全員の千賀ノ浦部屋移籍について意思を確認したのか?」という意見には、「全員の意見を聞いた」と反論する声もあった。


■真実は不明だが…


一連の問題については公になっていないことも多く、親方の主張のみが判明している状況。実際のところ「なぜこうなったのか」についてはわかっていない。

事実関係だけを見れば、貴乃花一門解散直後に日本相撲協会が「5つの一門に属していない親方は廃業になりうる」という制度を作っており、弱った親方を「潰そうとした」という疑念を持たれても致し方ない状況だ。

しかし、テリー伊藤は「圧力」とも思える事案をひとまず耐え、仲間を募り幹部となってから「改革」を実行するべきで、貴乃花親方の行動は「我慢がなっていない」と感じたようだ。

・合わせて読みたい→「平成の大横綱」ながら批判も多い貴乃花親方 同世代の評価は…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ