京極夏彦と志水アキが、日本の妖怪とルドンの関係を読み解く 百鬼夜行シリーズ『鉄鼠の檻』の舞台・箱根でトークショー開催

SPICE


箱根・ポーラ美術館で開催中の『ルドン ひらかれた夢』展にて、京極夏彦と志水アキによるコミック版『鉄鼠の檻』の完結記念イベントとして、トークショー「京極夏彦×志水アキ もっと!つながルドン!」が2018年11月24日(土)に開催される。


本展は、オディロン・ルドンをはじめ、ルドンと同世代であった印象派のモネやゴーガン、イケムラレイコや鴻池朋子など日本の現代美術、岩明均『寄生獣』や押見修造『惡の華』など日本のマンガを含む約100点を展覧するもの。ルドンは、想像上の生物「キマイラ」を描く上で、葛飾北斎の『北斎漫画』に登場するような、日本の妖怪図を参考にしたと考えられる。また、ルドンが描いた幻想的な世界は、日本の現代の作家にも息づいている。
志水アキ
志水アキ

東アジア怪異学会会員で、『水木しげる漫画大全集』の監修を務めた京極夏彦、「百鬼夜行シリーズ」のコミカライズを手掛ける志水アキが、ルドンが描く怪物と、日本の妖怪、ルドンを連想させる「目玉」の表現によって展開する奇想のマンガ作品とのつながりを、百鬼夜行シリーズ第4弾『鉄鼠の檻』の舞台となった箱根で紹介する。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ