伊藤綾子への過熱する異常なバッシング、二宮和也に迫られる「決断」とは

wezzy

2018/9/26 12:15


 ジャニーズグループ・二宮和也(35)との交際で、渦中に立たされている元フリーアナウンサー・伊藤綾子(37)が大変そうだ。23日付の「日刊ゲンダイDIGITAL」では、スクープを狙う芸能記者たちが、伊藤に四六時中張り付いていることが明かされている。

「日刊ゲンダイDIGITAL」の記事によれば、二宮と伊藤が同棲中とみられる港区のマンションは現在、スクープを狙う記者やカメラマンたちの“定点観測所”になっているという。伊藤は今年3月、所属事務所「セント・フォース」を退社しており、専業主婦同然の生活を送っているようだ。ほぼ毎日、昼過ぎに買い物に出かけるという伊藤は、いつも白のマスクで顔を隠しており、それが逆に記者たちの注目を集めているのだという。〈「自分の写真を撮られることをうすうす気づいているのに、それを許容しているフシがあるんです。まるで楽しんでいるかのような、そんな余裕さえ感じさせることがあります」〉とは、記事に登場するカメラマンの言だ。

さらに、伊藤綾子が車で外出する際には、一部の記者が追跡行動に出ているという。〈「麻布トンネルから六本木トンネルを抜けて乃木坂方面に車を走らせるケースが多い。ところが、赤坂8丁目付近に差しかかると、なぜか後続車の追尾を振り払おうとするんです。これって非常に怪しいですよね?」(写真週刊誌カメラマン)〉(「日刊ゲンダイDIGITAL」から引用)。伊藤が怪しげな行動を見せるという赤坂8丁目近辺には、芸能人の出産御用達で有名な山王病院があるため、伊藤が記者に対しても、妊娠を“匂わせて”いる……という論調だろう。

伊藤の妊娠が事実か否かは別として、四六時中記者に張りつかれるという日常を想像すると、恐怖しかない。ましてや、伊藤が執拗に尾行する記者たちを翻弄して楽しんでいる……なんてことは、考えにくいだろう。

二宮と伊藤は、2019年以降の結婚に向けて水面下で準備中とまで噂されているものの、公式のアナウンスはまだ一切されていない。そのため、記者たちは決定的瞬間をスクープしようと躍起になっている状況だ。今年8月には「週刊文春」』(文藝春秋)が、ふたりがモルディブ旅行に向かう空港でのショットを掲載し、婚前旅行だと騒ぎ立てた。その際、伊藤の足元がフラットシューズだったことや、体型が少しふっくらと変化している(ように見える)という理由から、「まさかのデキ婚?」などの噂にまで発展していた。

その後も伊藤に対する報道は過熱を続け、9月15日付の「週刊女性PRIME 」では、伊藤が「二宮のクレジットカードで買い物している」という日常まで報じられていた。もはや、伊藤の一挙手一投足が“匂わせ”行為として記者にキャッチされ、二宮ファンからの猛バッシングを浴びる……という悪循環に陥ってしまっているのだ。

そのせいか伊藤綾子は、9月13日号の「週刊文春」(文藝春秋)が発表した「女が嫌いな女ランキング」で、3位にランクインしている。現在、伊藤は正式なメディア露出はしていないにも関わらず、伊藤綾子の名は悪しき意味で広まり続けているのだ。

世間の風潮がここまで伊藤綾子へのバッシングに傾いてしまった以上、それに終止符を打つ手はもはや「公式発表」しかないだろう。もちろんふたりが結婚、あまつさえ妊娠を発表なんてことになれば、二宮ファンからの猛攻撃は避けられない。しかし、関係が宙ぶらりん状態のせいで記者に追い掛け回されてファンの憶測を呼び、いたずらにバッシングの的になっている伊藤からすれば、早くラクになりたいというのが本音ではないだろうか。端から見ていても、伊藤ばかりが批判の集中砲火を浴びている現状は歪に思える。二宮の、誠意ある決断が迫られている。

あなたにおすすめ