滝沢秀明の芸能界引退で先輩メンバーがまさかの「島流し」に遭う!?

アサジョ

2018/9/25 10:15


 滝沢秀明が年内いっぱいで芸能界を引退し、プロデュース業に専念することが話題になっている。

「滝沢は若いころからプロデュース業に興味を持っていたことで知られており、業界内では彼がプロデュース側に回ることは規定路線とみなされていました。それゆえ今回の引退に際しても驚きの声は少なく、むしろ『タッキーがどんな仕掛けをしてくるのかが楽しみ』と期待する声も大きいのです」(業界関係者)

その滝沢がジャニー喜多川社長の後継者としてプロデューサー役を務めることで、ジャニーズ事務所の社内では大きな組織変更が行われるというのだ。それは“分社化”だという。

「滝沢は経営にはタッチせず、あくまでプロデュース面を担当するとはいえ、ジャニー氏の後継者ということで大きな権力を握るのは間違いない。そうなってくると問題になるのは先輩たちとの関係です。序列トップの近藤真彦をはじめ、取締役の経験もある東山紀之や、元SMAP中居正広木村拓哉といった面々に対し、滝沢がどういう立場で接すればいいのかは難しいところ。そこで系列会社を作り、滝沢はそこの社長に収まるとの報道もありましたが、ジャニーイズムを継承する滝沢には“本体”で存分に力を発揮してほしいというのがジャニー氏の考えのようなのです。すると自ずと先輩たち系列会社に“出向”してもらうことになる。それがジャニー氏の願いであれば、先輩たちも従うしかないでしょう」(前出・業界関係者)

しかし分社化と言えば聞こえはいいが、系列会社への出向は“島流し”に例えられることも少なくない。果たして先輩メンバーたちの去就はどうなるのか、新たな火種とならねばいいのだが‥‥。

(浦山信一)

あなたにおすすめ