マツコ、9時間半彼女を待つ大学生カップルに金言を贈る

※画像は、マツコデラックス — ナチュラルエイト より

9月20日放送の『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスがヴィーナスフォートを徘徊中に暗がりに座る大学生と遭遇。彼女を長時間待ち続けていると聞いて驚いたマツコは、彼を連れて彼女のバイト先へ向かった。

「安心してちゃダメだぞ!彼女が好きなんだったら」


彼女の大学とバイトが終わるのを9時間半も待っていると聞いて驚くマツコ。彼氏を連れて彼女のバイト先に突撃訪問すると、「かわいくて、優しくて、ずっと僕を好きでいてくれるところが好きなんだって」と、マツコは彼氏から聞きだした話を彼女に伝えた。

マツコが「4年も付き合っちゃったら別れるタイミングないだろう」と聞いたところ、カップルは微妙な雰囲気に。実はケンカしたばかりだという。

そこでマツコは彼氏を「もうちょっと大人になったらお前、しっかりしてくるかな。優しいけど、ちょっと頼りないとこあるだろう」と分析すると、「気が利かない」と笑う彼女。

「お互い慣れちゃうと、最初の彼氏・彼女っていう…」という彼女を「それはしょうがないわよ」と諭すマツコ。

「それはしょうがないんだけど、しょうがないっていって居直っちゃうんじゃなくて、たまーにちょっと気を利かせてあげるとね」と彼氏に語りかけ、「安心しきったらダメだぞ。ちゃんとしてんだよ、女の人ってのは」と助言。

続けて「より良い子孫を残そうという本能で生きてるんだよ、根っこの部分は。より好条件な相手を求めるってのが本能なわけですよ。彼女もいろいろ大人になって、大学行ってるうちにいろんな人との出会いもあるだろうし、社会に出たりすればさ」と続けた。

そしてマツコは「お前のことは嫌いになった訳じゃないんだけど、色んなことに気づいてしまうんだよ。それを、安心してちゃダメだぞ!彼女が好きなんだったら」と、彼女を離したくないのならしっかりしないといけないと優しく助言した。

「今日の時点で言ったら、かなりお前が優位に立ってるからな」と詰め寄るマツコに、「一日中(待たせて)申し訳ないなって思ってました」と明かす彼女。「気にはなってたのね。気になってたんだって」と、どこか嬉しそうに彼氏に伝えるマツコであった。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ