【じゃんけん大会ロングレポート②】濃厚な個性派ひしめくC&Dブロックを制したのは「運命のさくらんぼう」と「48の歌姫デュオ」

dwango.jp news

2018/9/24 00:50


濃厚ユニット続々のCブロック。

Cブロック最大の注目株は、じゃんけん大会始初となる実の姉妹タッグ「武藤シスターズ」(武藤十夢・武藤小麟)だ。対戦相手は、深い絆で結ばれたAKB4816期生の「MAKARON's」(鈴木くるみ・山内瑞葵)。相対すは山内と小麟という昨年同じチームで戦った同期同士。推し席も両隣の陣営。熱い火花を散らす中、結果は小麟が勝利。しかし、姉妹パワーもここにて終焉。続く、STU48の“秘密兵器”トリオ「THREE TOPAZES」(谷口茉妃菜・信濃宙花・溝口亜以子)との戦いで、小麟が一撃で敗れる。敗戦後「あー、くやし~!!…何もしていないけど」とボヤく姉とは対照的に「頑張ります」とニッコリと微笑む小麟。「もう負けたんだよ!頑張ることないよ!!」と盛大な十夢のツッコミが炸裂した。

「THREE~」はその後も、インパクト大なAKB48の“自称・天才”クインテット「地球温暖化について語る会」(川原美咲・奥原妃奈子・奥本陽菜・山田杏華・春本ゆき)を下し代表選に進む。



もう一つの川を勝ち上がってきたのは、AKB48研究生の大盛真歩に裏から指示を出して動かし続けた“吉兆の女将”(イジリー岡田命名)ことAKB48チーム8長久玲奈による「超大盛」、「おったまげ~!」の伝道師・HKT48田島芽瑠と愛弟子・AKB48馬嘉伶による師弟コンビ「#おったまげ」……もとい、「大人の事情」といった、大物食いを果たしてきた“さくらんぼうのように二人で一つ”な福井県発のドラフト生デュオ「Fortune cherry」(HKT48松田祐実・AKB48多田京加)。全身さくらんぼうをあしらったガーリーな衣装はゲスト解説の吉田朱里も「お人形さんみたい」と絶賛の声をあげた。

Cブロック代表決定戦は、ここまで全試合一撃で勝ち進んできた「Fortune~」がここでも一発勝利!!「始まる前から自信がありました!」と松田が語るとおり、ユニット名に冠した“幸運”が彼女たちを導いた。

ついに迎えた最終、Dブロックは個性派デュオがひしめく。

全身紅のセクシードレスに身を包んだ、チーム8のおしゃれ番長コンビ「rose」(人見古都音・太田奈緒)は、ヒロイックな衣装に身を包んだNMB48きっての中二病コンビ「Destiny hero」(石塚朱莉・久代梨奈)〝魔法少女風”の「Lovely Sugar」(AKB48市川愛美・AKB48佐藤妃星)という、二大ファンタジー衣装組を蹴散らしての代表戦進出。

実にデビューから3年連続で本戦出場というダークホース「さくらんぼの妖精」(NGT48菅原りこ)は、 “歌”を通じて繋がった「E」のイニシャルを持つ48の歌姫コンビ「E’z」……もとい、「ザ・イーズ」(AKB48小田えりな・HKT48坂本愛玲菜)とぶつかる。結果は無情にも坂本のチョキが大声援を送る菅原オタの声援を切り裂く。波に乗る「ザ・イーズ」はその後も、STU48の7歳差“大人と子ども”コンビ「♡OyakO♡」(峯吉愛梨沙・森香穂)、今大会中最も長く最もドギモをぬいたユニット「もしもドラ3地雷岡田梨奈が正統派アイドル吉橋柚花とじゃんけんユニットを組んだら」(AKB48吉橋柚花・AKB48岡田梨奈)を、坂本が豪腕でねじ伏せ、見事代表決定戦にコマを進めた。

「rose」と「ザ・イーズ」、ファッションと歌、ミューズ同士代表決定戦は音楽側に女神が微笑んだ。「頭にポンと出たのが全部当たっちゃって」と、歌以外でも才気を発揮した坂本にゲスト解説の横山由依は「直感を信じた方がいい」とじゃんけん強者ゆえのありがたい一言を授ける。一方、ここまで全戦坂本の力に頼りっぱなしの小田は「今日はやりません。休みます」と早々に休養宣言、全て坂本に託すことが決定した。

「大空ついんず」「2ki」「Fortune cherry」「ザ・イーズ」……各ブロックの代表が出揃った。どれも新風巻き起こすフレッシュな面々。誰が勝ち上がっても下克上、これぞじゃんけん大会の醍醐味だ。

テキスト:田口俊輔

写真:ⓒAKS

あなたにおすすめ